会津若松市七日町通り「河内屋」の「柳津流ソースカツ丼」がおいしい

会津若松市の七日町通りにある「河内屋」を紹介します。
奥会津食彩蔵ということで、柳津町あたりのおいしい料理を提供している店です。
kawatiya01.jpg 
まず、定番の「柳津流ソースカツ丼」税別880円を、紹介します。
ご飯の上に千切りキャベツ、その上に、ふわふわの卵焼きを敷き、揚げたてのカツにソースをかけたのが、柳津流ソースカツ丼です。
会津若松市周辺と違うのは、卵焼きが敷いてあるところです。
ソースたっぷりで、カツにしみこんでいます。
卵焼きは、卵2個分ぐらいで、甘辛ソースの味とよく合います。
キャベツは、少なめでちょうどいいです。
kawatiya05.jpg 

河内屋の店の前には、大きな赤べこがいます。
赤べこ発祥の地、柳津町をアピールしています。
赤いのれんの方が、おみやげ品、河内屋の看板の方が、飲食店ですが、店内でつながっています。
kawatiya02.jpg 
飲食店の方に入ると、テーブル席が並んでいて、壁には、JR只見線の写真が展示されています。
kawatiya03.jpg 
おいしそうな料理がたくさんありました。
kawatiya04.jpg 

「山菜冷汁ぶっかけそば」税別1200円も、食べてみました。
山菜汁と、そばが、別の器に入っています。
どちらも氷の山がのっていて、よく冷えています。
つゆの味は、違います。
十割そばは、よくしまっていて、こしがあります。
ミョウガ、ニシンなどの薬味を入れて、そばと山菜を混ぜて食べると、つゆの味も混ざっておいしいです。
kawatiya06.jpg 

おみやげ品の店の方にも行きました。
kawatiya07.jpg 
あわまんじゅうや、栗まんじゅうなどを作って売っています。
kawatiya08.jpg 
「おかめや」の包み紙でした。
柳津町と言えば、「あわまんじゅう」です。
柳津町内に数件の店がありますが、河内屋オリジナルのあわまんじゅうで、店頭で作っているということでした。
あわまんじゅう100円、天ぷらあわまんじゅう120円を買いました。
kawatiya09.jpg 
あわまんじゅうは、
あわもちの部分が、つぶつぶ感があって、やわらかくておいしいです。
つぶあんは、甘すぎず、もちとよく合います。
天ぷらあわまんじゅうは、
あわまんじゅうを天ぷらにしたもので、衣ともちが合わさって、いい食感です。
持ち帰って食べたので、ねばりがありました。揚げたてだとおいしいと思います。

「ぎょうざカツ」も、食べました。
kawatiya10.jpg 
外側は、カツで、かんでいると、ぎょうざの味になります。
厚みがあるので、食べ応えがあります。
おもしろい味です。

店員さんは、赤べこのTシャツを着ていて、店内を駆け回っていました。
飲食店の方は、お客さんしかいないので、ゆっくり食べることができます。
おみやげ品店の方は、呼べば愛想よく応対してくれます。
奥会津のおいしいものを食べに行ってみませんか。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

コメントの投稿

非公開コメント