風っこ只見線紅葉号で会津柳津へ

2018年10月21日、風っこ只見線紅葉号で、会津柳津に行ってきました。
kazekko01.jpg 
風っこ只見線紅葉号は、運転日限定の臨時列車です。
JR只見線の会津若松から会津川口まで、往復運転です。
秋の紅葉号は、10月20日と21日の運転でした。

会津若松駅では、横断幕で歓迎です。
10:15定刻に出発しました。
kazekko02.jpg 
ディーゼルの2両編成の列車です。
kazekko03.jpg 
基本的には、窓がない、トロッコ列車ですが、今回は、寒いので、窓ガラスがはめ込んでありました。
kazekko04.jpg 
2両編成は、全席指定です。
乗車券と指定席券(520円)だけで乗れます。乗車券は、会津柳津までなら「会津ぐるっとカード」が使えます。
指定席は、1か月前に、えきねっとでとれました。
kazekko05.jpg 
車内は、レトロな雰囲気です。
座席は、4人ボックスの木製のベンチ型です。
天井は、空調などがなく、電球っぽい照明です。
kazekko06.jpg 

会津若松を出発し、西若松を過ぎると、田んぼの中をのんびり走ります。
会津坂下駅では、只見線のキャラクターが、歓迎してくれました。
kazekko07.jpg 
窓がないところに、ガラスをはめているので、日差しが入ってきて、暑いぐらいです。
外の景色は、よく見えます。
kazekko08.jpg 
塔寺駅付近では、林が迫っています。


11:25会津柳津駅に到着しました。
ここまでは、おふるまいなどは、なかったのですが、ここから「あわまんじゅう」が積み込まれ、サービスされたようです。
kazekko09.jpg 
今回は、会津柳津で下りて、柳津の町を観光することにしました。
kazekko10.jpg 
会津柳津駅は、小さな無人駅です。
kazekko11.jpg 
只見線の絶景が見られるのは、柳津から会津川口までなのですが、それは、次の機会にします。
発車する風っこ号を見送りました。
kazekko12.jpg 

JR只見線は、新潟県まで通じていましたが、2011年の洪水で、橋などが流され不通になっている区間があります。
復興工事の計画が決まり、工事が始まっています。数年後の開通が楽しみです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

ふくしま地酒飲み放題 お座敷列車 宴

2018年10月20日、お座敷列車「宴」で、ふくしま地酒満喫の旅に行ってきました。
utage01.jpg 
ふくしま地酒満喫号は、福島駅発12:45で、東北本線、磐越西線を通り、会津若松着15:37のお座敷列車です。
utage03.jpg 
6両編成の団体専用列車です。
utage02.jpg 
予定のお客さんを乗せて、福島駅を定刻に出発です。
utage04.jpg 
9800円は、高いかと思いましたが、日本酒試飲とおみやげの魅力で申し込みました。
utage18.jpg 

車内は、日本酒のふるまいの車両が2両、ほかの4両は、ほりごたつ型の対面テーブルになっています。
発車して間もなく、ビールを飲み始める人、日本酒の試飲に行く人、ざわざわと動き始めます。
utage05.jpg 
配られたおつまみ弁当は、ご飯なしで、9種類の料理です。
utage06.jpg 
案内ちらしに、メニューが書いてありました。
高価では、ありませんが、おいしい料理でした。
utage19.jpg 

日本酒試飲は、専用車両に行って、蔵元の人からついでもらいます。
小さいコップもありましたが、大きいコップが配られていて、それに何度でも、ついでもらえました。
utage07.jpg 
試飲というより、「飲み放題」です。
しかも、蔵元では、自慢のブランドを出しているので、「高級日本酒飲み放題」です。
乗車した蔵元は、福島から郡山までは、福島県中通りの蔵で、郡山から会津若松までは、会津の蔵です。
utage20.jpg 
前半は、「奥の松」から始まり、「大天狗」「金水晶」と、飲み続けます。
utage09.jpg 
さらに、10種類のびんが、置いてあって、自由に飲むことができます。
utage08.jpg 
前半終了、郡山に着く頃には、酔っています。
utage10.jpg 

郡山から、後半の酒とデザートが積み込まれます。
会津の「山塩プリン」は、ほんのり塩味でおいしいです。
utage11.jpg 
会津の酒にも、どんどん攻めていきます。
「榮川」「末廣」「大和川」
utage12.jpg 
ふだんは、買って飲めないような大吟醸もあります。
utage13.jpg 
置いてあった酒を含めて、全種類の8割ぐらいは、飲んだでしょうか。
味の違いや、蔵元の特徴などを楽しみながら、終着の会津若松に近づきます。
案内役の人たちが挨拶に来ました。
utage14.jpg 

すっかり酔っ払って、帰ることになりましたが、おみやげが、すばらしい。
出発してすぐ配られた、じょうぶな布製のトートバッグの中には、
utage16.jpg 
会津木綿がらのノートのほかに、日本酒が6本。
utage15.jpg 
それぞれの蔵元で、いいものを出しています。
utage21.jpg 
最後に、会津若松駅では、杯ももらいました。
utage17.jpg 

飲み放題で、大満足の旅でした。
これからおみやげの酒を飲むのも、楽しみです。
また、こんなツアーがあったら、参加したいです。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

大人の休日倶楽部4日目「隅田川ライン」

大人の休日倶楽部パスを使った日帰りツアーの4日目は、
浅草から隅田川の船に乗りました。

上り「やまびこ126号」E5系10両 Wifiあり
郡山発8:49 上野着10:02 自由席乗車
sukai01.jpg 
上野から地下鉄銀座線に乗り換え
sukai02.jpg 
平日午前は、空いています。浅草から東武線に乗り換え。
sukai03.jpg 
とうきょうスカイツリー駅で降りて、スカイツリータウンへ。
sukai04.jpg 
こちらも、お客さんは、少なかったです。

いろいろな店を探検してから、お昼ご飯にしました。
「東京焼きそば」に入りました。
sukai05.jpg 
お出汁につけるオリジナル焼きそば専門店。食欲をそそる香ばしいソースと麺が、熱々のお出汁とまさかの出会い。
トロトロになるまで煮込んだ牛すじ肉とじっくり炒めた玉ネギ、茹でたての生麺を、3種類から選べるソースでからめ、自家製のお出汁につけてお召し上がり頂きます。
という、宣伝にさそわれて、「黒焼きそば」と「赤焼きそば」を食べました。
sukai06.jpg 
つゆも、焼きそばもそれぞれおいしいのですが、つけて食べるのも、またおいしかったです。
sukai07.jpg 
「赤」は、キムチ味で、ちょっと辛かったです。

東武線で浅草まで戻り、東京クルーズの「龍馬」に乗りました。
sukai08.jpg 
浅草の桟橋から日の出桟橋まで、40分で780円です。
sukai09.jpg 
1階席と2階席がありますが、お客さんは少なく、空席ありでした。
浅草からは、スカイツリーが。
sukai10.jpg 
隅田川にかかる橋をくぐりながら、ゆっくり進んでいきます。
sukai11.jpg 
もうすぐなくなる? 築地市場も見えました。
sukai12.jpg 
東京タワーは、周りのビルより低く見えました。
sukai13.jpg 
暑い日でしたが、川風は涼しかったです。

日の出桟橋で船を下りて、歩いて、ゆりかもめの日の出駅へ。
sukai14.jpg 
お台場方面には行かないで、新橋駅経由で東京駅に行きました。

下り「やまびこ143号」E2系10両
東京発15:00 郡山着16:19 自由席乗車
sukai15.jpg 

4日間で新幹線12本に乗りました。
15000円フル活用の旅でした。

会津へのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


よかったらこちらをクリック

国内ランキング