大人の休日倶楽部2日目「八食センター」

大人の休日倶楽部パスを使った日帰りツアーの2日目は、
青森県八戸市の八食センターに行きました。

下り「やまびこ201号」E2系10両
郡山発7:57 仙台着8:41 自由席乗車
hati01.jpg 
下り「はやぶさ3号」E5系10両
仙台発9:10 八戸着10:31 指定席乗車
hati02.jpg 
新幹線に乗ったら、「ほや」でしょう。
車内販売で、乾燥ほやと一番搾りを買って飲みました。
hati03.jpg 
「はやぶさ」は、速いです。1時間20分で八戸到着です。

仙台は暑かったのですが、八戸は、曇り22度で寒かったです。
八戸駅前は、人通りが少なかったです。
hati04.jpg 
バスの待ち時間に、八戸駅のとなりのユートリーへ。
ここには、地酒試飲機があります。
hati05.jpg 
1杯100円で選んだ地酒が出てきます。
「杉玉」と「八鶴」を飲みました。
どちらもおいしかったです。
酒の種類は、変わります。試飲機に入っている酒は、売っています。
気に入ったら、すぐ買うことができます。
hati06.jpg 
ほかのお土産品を見ているうちに、バスが来ました。
hati07.jpg 
八戸駅から八食センターへの直通バスで、料金は、100円です。
1時間に1本ぐらいの運行ですが、歩かなくていいので、便利です。
満席に近いぐらいお客さんが乗りました。
15分ぐらいで、八食センターに着きました。

八食センターは、広くて、いろいろな店が集まっている市場です。
今回は、3回目だったので、お目当ての「七厘村」に行きました。
場所代は、一人300円です。
七厘と皿、はしなどが用意されます。
大人の休日倶楽部切符を見せると、日本酒かリンゴジュースがサービスで出ます。
市場の魚屋から炭焼き用の魚貝類を買ってきました。
hati08.jpg 
エビ貝セットが1500円、イカふわた焼きが500円、ホヤが200円でした。
七厘は、火が強く、すぐ焼けます。
hati09.jpg 
イカは、新鮮な身とふわたをいっしょに焼いて食べるので、おいしいです。
にぎりずし1500円も買ってきて食べました。
焼かない物でも、食べるのは、OKです。
hati10.jpg 
おいしい魚をたくさんいただき、八戸駅までバスで戻りました。

帰りの新幹線
上り「はやぶさ24号」E5系10両
八戸発14:16 仙台着15:29 指定席乗車
hati11.jpg 
帰りのつまみは、「割りまめせんべい」。しょうゆ味のピーナッツせんべいでおいしかったです。
hati12.jpg 
上り「やまびこ146号」E2系10両
仙台発15:43 郡山着16:23 自由席乗車
hati13.jpg 

八食センターだけが目的の、ちょっとぜいたくなツアーでした。

会津へのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


よかったらこちらをクリック

グルメランキング

大人の休日倶楽部1日目「富岡製糸場」

大人の休日倶楽部パスを使って、4日間日帰りツアーに行ってきました。
JR東日本全線、15000円で連続4日間乗り放題です。
新幹線6本の座席指定は、あらかじめ取っておきました。
tomi01.jpg 
座席指定は、6回までという制限がありますが、新幹線自由席は、何回でも乗れます。
郡山をスタート・ゴールにして、日帰り4日間のツアーです。

1日目は、「富岡製糸場」に行きました。
上り「やまびこ122号」E2系10両
郡山発7:53 大宮着8:46 指定席乗車
tomi02.jpg 
下り「Maxとき307号」E4系12両
大宮発8:50 高崎着9:18 自由席乗車
tomi03.jpg 
もうすぐなくなるE4系Maxですが、6列座席でした。
tomi04.jpg 

高崎から上信電鉄の電車に乗り換えです。
上州富岡まで往復と富岡製糸場入場券がセットになった割引券がありました。
窓口で買えば、絵入り切符だったようですが、券売機で買いました。
2140円は、500円ぐらいお得です。
tomi05.jpg 
上州富岡行きの2両の列車です。40分で上州富岡に着きました。
tomi06.jpg 
上州富岡駅は、大きな駅舎はなかったです。
tomi07.jpg 
お富ちゃんがいました。
tomi08.jpg 

上州富岡駅から、ちょっと古い商店街の裏道を歩いて15分ほどで、富岡製糸場に着きました。
tomi09.jpg 
ガイドツアー200円に申し込みして、案内、説明してもらいました。
珍しい所がいろいろありましたが、今回は省略します。
気づいた点だけ、
音声ガイドもありますが、おじさんの説明がわかりやすくていいと思います。
34度の暑い日でしたが、扇風機やミストがあって、涼しかったです。
tomi10.jpg 
建物は、明治の創業当時の物ですが、機械は、後の時代の物だそうです。
平日だと、お客さんが少なくていいです。
tomi11.jpg 
蒸気エンジンの模型は、休日だけ動くと言うことでした。
tomi12.jpg 
置繭所(カイコのまゆをしまっておく部屋)の中も見られます。
写真撮影の制限は、一部だけで、ほとんどの場所は撮影可でした。

製糸場から、上州富岡駅まで歩いて帰る途中で、食堂に入りました。
街中おもしろマップにあった「和洋レストラン新洋亭」です。
tomi13.jpg 
「カツ丼」850円は、こだわりカツがさっくりの食感、ボリュームたっぷりのソース味。
ということで、会津のソースカツ丼に近い味でした。
tomi14.jpg 
もう一品「もつあげ」250円は、やわらかいもつをあげて、ソースをかけたもので、おいしかったです。

帰りの上信電鉄の列車は、「ぐんまちゃん列車」でした。
tomi15.jpg 
車内の天井にも、群馬県のキャラクター「ぐんまちゃん」がかいてありました。
tomi16.jpg 

上り「とき326号」E2系10両
高崎発15:38 大宮着16:02 自由席乗車
tomi17.jpg 
下り「やまびこ145号」E2系10両
大宮発16:26 郡山着17:18 指定席乗車
tomi18.jpg 

急に暑くなった日でしたが、あまり混雑しなくてよかったです。

会津のお泊まりは、こちらをどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

四季島が磐越西線猪苗代駅を通過

新会津人のブログ 最初の記事は「四季島」撮影です。

JR東日本のツアー列車「四季島」は、5・6月の日曜日に磐越西線を走ります。
12:12ごろ猪苗代駅を通過し、郡山駅へ向かいました。

会津の霊峰「磐梯山(ばんだいさん)」を背景に、田植えが終わったばかりの田園をかけぬけました。

DSC_0007.jpg