会津の初市 川桁は八日市

福島県会津地方では、この時期、各地で初市が行われます。
1月8日は、猪苗代町川桁で八日市が行われました。
kawagetahatuiti01.jpg 
初市は、1月7日の磐梯町から始まり、最大規模の会津若松市では、1月10日。
その後も、1月14日まで、各地で行われます。
始まりは、室町時代の蘆名氏(あしな)の時代といわれ、400年以上の歴史があります。
蒲生氏が会津に入った文禄4年(1595年)には、市を奨励し、制度化します。
若松城下では、市を立てる場所を6か所とし、日にちを決めて、六斎市と呼びました。
若松以外の周辺の町でも古くから市が立っていて、猪苗代もその一つでした。
これらの市を取りまとめていたのは、商人司(しょうにんつかさ)である簗田氏(やなだ)でした。

猪苗代の初市は、1月13日です。
猪苗代の隣町の川桁(かわげた)では、1月8日に初市が行われるという新聞折り込みチラシが12月に入りました。
kawagetahatuiti02.jpg 
昔は、8の付く日に市が立っていたのかもしれませんが、今は、1月8日の初市が年に1回の市のようです。
出店などがたくさんあって、にぎわっているのかと期待して行ってみました。
kawagetahatuiti03.jpg 
防災センターの前には、テントが2張り。
10人ぐらいの年配のお客さんが、並んでいました。
まず、縁起物を売っているテント。
起き上がり小坊師と、風車と、だるまが、3種の縁起物です。
kawagetahatuiti04.jpg 
すてきな風車1000円を買いました。

別のテントでは、チラシに参加券が付いている、くじ引きと、ゲーム(輪投げ)をやっていました。
くじ引きは、箱の中のゴルフボールを取ると、1~3の数字が書いてあり、その数のボックスティッシュがもらえます。
kawagetahatuiti05.jpg 
輪投げは、5本投げて、入ったお菓子がもらえます。
kawagetahatuiti06.jpg 
3個ゲット。
kawagetahatuiti07.jpg 

多くの屋台は、出ていなくて、地元の人が作る焼きそばが400円で売っていました。
kawagetahatuiti08.jpg 

主催者も、お客さんも少ない、地味な初市でしたが、昔からの伝統を守っているなあと感じました。
会津若松の大規模初市(十日市)にも、行く予定です。

会津のお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

猪苗代 第9回つながるマルシェ つながるしぇ

2018年10月14日
福島県猪苗代町の体験交流館「学びいな」で行われた、「第9回つながるマルシェ つながるしぇ」に行ってきました。8月に続いて、今年3回目のマルシェです。
tunagaru51.jpg 
主催は、「つながるしぇ実行委員会」です。
今回も、販売や体験など、大人も子どもも楽しめる市場でした。
tunagaru62.jpg 
ちらしも、手作りっぽいです。
tunagaru63.jpg 
大きく分けて、3つのコーナーになっています。

WORKSHOP & SHOPPING は、服やアクセサリーを作って売っている店が並んでいます。
tunagaru52.jpg 
会津木綿の店もあります。
模様の組み合わせが、すてきです。
tunagaru54.jpg 
木製のスプーンがかわいいです。
tunagaru55.jpg 
最近流行の、多肉植物の店もあります。
tunagaru57.jpg 
フリーマーケットや、物々交換の店もあります。
tunagaru53.jpg 

VEGETABLES は、野菜の店です。
リンゴや、カボチャがおいしそうです。
tunagaru56.jpg 

FOOD は、出張販売や、販売車で売っている店です。
tunagaru58.jpg 
ニンジンのキッシュを買って食べました。
ニンジンいっぱいで、チーズの味がおいしかったです。
tunagaru59.jpg 
Banyan Bakery は、福島県平田村のパンやで、移動販売車です。
tunagaru60.jpg 
ベトナムコーヒーといっしょに、じゃがマサラを買って食べました。
あんこの代わりに、マッシュポテトが入っているパンで、香辛料の香りがよくおいしかったです。
tunagaru61.jpg 

猪苗代町の「つながるしぇ」の今年の予定は、終わりです。
また、来年をお楽しみに。

会津でのお泊まりは、こちらへ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

会津鶴ヶ城で行われた「會津十楽」は、おいしい!楽しい!

会津若松市の鶴ヶ城本丸で開催された「會津十楽 秋の陣」を紹介します。
juuraku02.jpg 
戦国時代に若松城をつくった蒲生氏郷(がもううじさと)は、織田信長の“楽市”をさらに発展させた「十楽」という制度を城下に敷き、経済・文化振興を図りました。
この制度を再現する物産イベントが、「會津十楽」です。
サムライシティプロジェクト実行委員会が、鶴ヶ城内やまちなか等で「會津十楽」を開催し、歴史的な背景を含めた新たな観光資源とし、県内外に「会津南蛮文化」を発信する事業を展開しています。
数年前から、春と秋に開催している「會津十楽」ですが、平成30年 秋の陣は、9月24日が最終日でした。
juuraku01.jpg 
おいしかった物を中心に紹介します。

①「もっきり」
会津のめずらしい日本酒を、もっきりで出す店です。
最初は、特別値段の「純米吟醸 飛露喜」500円。
めったにお目にかかれない、貴重な酒です。
juuraku03.jpg 
香りがよく、すっきりしていてこくがあり、雑味がなくてうまい。
値段が高いだけでなく、品物が流通していない。
期待を裏切らない酒です。

次は、「純米酒 薫鷹」(くんたか)300円。
初めて見ました。
juuraku04.jpg 
樽の香りがします。米の味があり、純米酒らしい味です。
会津若松市の石橋酒造場でつくっています。

「純米酒 宮泉」300円。
juuraku05.jpg 
甘味あり、酸味はあまりない。これも純米酒らしい味。

「ホワイトビール ヒューガルデン」500円。
juuraku06.jpg 
香りがよく、あっさりした味でおいしいビールです。

②「南蛮茶屋」
みそ田楽は、ごはんをかためたものに、みそをつけて焼きました。
里いもも、おいしいです。
juuraku07.jpg 
牛もつ煮こみ+煮たまごは、やわらかくておいしいです。
juuraku08.jpg 

③「南蛮問屋」
すっきり甘くておいしい、冷やしあまざけ。
juuraku09.jpg 

④「南蛮屋」
ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを作って売っています。
juuraku10.jpg 
会津木綿で、なすの形のイヤリングがすてきでした。
juuraku11.jpg 

⑤「華葵」民謡・お囃子
juuraku12.jpg 
お囃子の後は、「会津磐梯山」の踊りで、ちょっと盛り上がり。


鶴ヶ城の本丸広場でやっている「會津十楽」ですが、お客さんは、あまり多くなく、ゆっくり楽しめる市場です。
次回は、来年の春になってしまいますが、楽しみにしています。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング