会津藩その後⑦ 新島八重

会津藩の砲術師範山本家の娘に生まれた、八重は、24歳で戊辰戦争(会津戦争)を経験します。
若松城防衛の最前線で、当時最新鋭の七連発スペンサー銃で戦った女性は、八重一人でした。
彼女の活躍の様子は、平成25年(2013年)放映のNHK大河ドラマ「八重の桜」で全国に知られることになります。
yae01.jpg 
山本家は、若松城の西側、日新館の近くにありました。
yae03.jpg 
兄の山本覚馬と共に、明治維新前後に活躍しました。
yae02.jpg 
現在は、空き地になっています。
yae04.jpg 

1896年(明治元年)、会津戦争が終わると、八重は、米沢で暮らします。
この間、夫の川崎尚之助は、斗南藩に行ったため、離縁しています。
1871年(明治4年)、八重は、兄覚馬を頼って京都に移ります。
京都では、女子教育施設で臨時の教師を務めるかたわら、盲目の覚馬の介護をします。
英語を学び、キリスト教の教えを学び、新しい世の中に踏み出す努力を怠りませんでした。

1876年(明治9年)、新島襄と結婚します。
そして、同志社女学校(後の、同志社女子大学)を開設します。
1890年(明治23年)、襄は病気のため急逝します。
yae05.jpg 
襄の死後、八重は日本赤十字社の正社員となります。
1894年(明治27年)、日清戦争では、広島の陸軍予備病院で4か月間篤志看護婦として従軍します。
1904年(明治37年)、日露戦争では、大阪の陸軍予備病院で2か月間篤志看護婦として従軍し、その功績によって勲六等宝冠章が授与されます。
1928年(昭和3年)、昭和天皇の即位大礼の際に銀杯を下賜されます。
1932年(昭和7年)、自邸で亡くなります。86歳でした。

八重は、貧しく控えめな生活を送らざるを得なかった、多くの会津女性に代わって、生涯「最前線の女」を貫き通したと言えます。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津藩その後⑥ 新選組

1863年(文久3年)、将軍徳川家茂が上洛するときの警護の名目で募集した浪士が、一団を成して京都に向かいます。
その後、京都守護職になった会津藩松平容保(まつだいらかたもり)預かりの浪士組になったのが、「新選組」です。
sinsengumi01.jpg 
新選組は、「誠」を旗印にして、京都の治安維持にあたります。
1864年(元治元年)池田屋事件で尊皇攘夷派志士を殺害します。
禁門の変では、会津藩と共に戦います。
この結果、朝廷・幕府・会津藩から恩賞をもらい、200名を超す集団へと成長します。

1867年(慶応3年)鳥羽・伏見の戦いでは、幕府軍として戦います。
そのまま、戊辰戦争・会津戦争に巻き込まれていきます。

近藤勇(こんどういさみ)は、上洛して京都に残り新選組を結成したときの最初の組員の一人で局長になっています。
sinsengumi05.jpg 
1865年(慶応元年)、長州側と会見するため、広島に出張しています。
鳥羽・伏見の戦いに参戦した後、江戸に戻っています。
1868年(慶応4年)、戊辰戦争に備え、会津に向かいますが、埼玉県内で新政府軍に捕獲され、斬首されます。

土方歳三(ひじかたとしぞう)は、新選組の最初の組員で、近藤勇が局長のときに副長になっています。
sinsengumi02.jpg 
池田屋事件、鳥羽・伏見の戦いにかかわり、その後、江戸に戻ります。
1868年(慶応4年)、江戸城が開城すると、江戸を脱出し、宇都宮の戦いで勝利します。しかし、新政府軍との戦いで、足を負傷し、会津で3ヶ月の療養生活を送ります。
会津戦争が始まると、母成峠の戦いから参戦しますが、敗北し、仙台に向かいます。
sinsengumi04.jpg 
仙台で、榎本武揚と合流し、箱館戦争に参戦します。
sinsengumi03.jpg 
1869年(明治2年)、新政府軍の箱館総攻撃により戦死します。

斎藤一(さいとうはじめ)は、新選組最初の組員で、20歳で幹部になっています。
sinsengumi09.jpg 
池田屋事件、鳥羽・伏見の戦いにかかわり、その後、江戸に戻ります。
会津戦争が始まると、白河口、母成峠の戦いに参戦します。
会津藩士とともに、若松に退却しますが、城には入れず、神指町の如来堂で、新政府軍と戦います。
sinsengumi06.jpg 
ここは、激戦地でしたが、斎藤一は、生き延びます。
sinsengumi07.jpg 
かつて、神指城の本丸があったところです。
sinsengumi08.jpg 
会津藩の降伏後は、捕虜となった会津藩士とともに、謹慎生活を送り、その後、斗南藩に移ります。

1874年(明治7年)、東京に移り、警視庁に採用されます。
西南戦争に参加し、戦後に叙勲を受けています。
その後、東京高等師範学校附属東京教育博物館看守に奉職し、山川浩らと交流が続きました。
1915年(大正4年)、72歳で亡くなっています。
会津若松市の阿弥陀寺に、藤田姓の墓があります。
sinsengumi10.jpg 
会津藩士になったと言える、斎藤一です。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津藩その後⑤ 柴五郎

会津戦争終戦の8年前の1860年、会津藩士の子として柴五郎(しばごろう)は、生まれました。
終戦後1869年(明治2年)、会津藩の武士たちと一緒に斗南に移住します。

1871年(明治4年)廃藩置県により、青森県庁の給仕に採用されます。
その後、東京に移ります。
1873年(明治6年)、13歳で陸軍幼年学校の試験に合格します。
斗南では、苦しい生活を送りましたが、若かったので、彼を助ける人物が多く、試練に耐えられたのだと思います。
sibagoro01.jpg 
その後、陸軍士官学校に進み、
1879年(明治12年)、陸軍砲兵少尉に任官され、翌年士官学校を卒業します。
1894年(明治27年)、陸軍少佐に進級し、大本営参謀になります。
1895年(明治28年)、日清戦争に出征し、5月に帰還します。
1899年(明治32年)、陸軍中佐進級を経て、
1900年(明治33年)、清国公使館附を命ぜられます。駐在武官として着任まもない5月、義和団の乱が起きます。柴は、居留民保護にあたり、また他国軍と協力して60日に及ぶ篭城戦を戦い、その功を称えられますた。
1902年(明治35年)、陸軍大佐に進級します。
1904年(明治37年)、野戦砲兵第十五連隊長として日露戦争に出征し、
1906年(明治39年)、帰還します。
1919年(大正8年)、陸軍大将に進級します。
sibagoro02.jpg 
1945年(昭和20年)、太平洋戦争敗戦後に身辺の整理を始め9月15日に自決を図りますが、果たせませんでした。しかし、同年12月13日、そのけががもとで病死しました。85歳でした。

会津藩士の子の英雄の一人です。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング