会津領主・藩主⑤ 上杉景勝の時代

慶長3年(1598年)3月、豊臣秀吉の命で、蒲生秀行が会津から宇都宮へ移った後、会津に入ったのは、上杉景勝(うえすぎかげかつ)です。
この時、秀吉の命令で、上杉の家臣は、一族ともども会津に移ってきています。
この中で最も信頼していたのが、直江兼続(なおえかねつぐ)です。
uesugi01.jpg 
上杉景勝に与えられた領地は、
蒲生氏から引き継いだ会津を中心とした92万石、
出羽国の庄内14万石、
佐渡14万石、
合わせて120万石にもおよびました。
これは、徳川氏に次いで、毛利氏と並ぶ大領地でした。
uesugi02.jpg 
上杉氏は、主な家臣を領内の小さな城に配置して、領内をきめ細かく治めるという方法をとりました。城の数は、28もありました。

百姓の負担は、蒲生時代より年貢の率が高くなり、さらに漆や蝋(ろう)も納めさせています。
この収入増を中央権力へ提供することはなく、上杉氏の軍事強化に振り向けています。このため、徳川氏との緊張関係が激しくなっていきます。

慶長3年(1598年)8月、豊臣秀吉が亡くなります。
豊臣政権の五大老の一人であった上杉景勝は、徳川家康と対立するようになります。

慶長5年(1600年)2月、上杉景勝は、直江兼続に命じて、神指城(こうざしじょう)新築工事を開始させます。
若松城が山の近くで、城の拡大が難しかったことと、阿賀川の舟運で物流を行う城下町をつくる計画があったようです。
uesugi09.jpg 
大阪城下のような、活気のある城下町を会津の地に築こうとしたのでした。
uesugi03.jpg 
神指城の工事は、3月から始まり、労働者の数は、8万人とも12万人とも伝えられています。
uesugi05.jpg 
石垣の石は、東山の慶山から運び込んでいます。昼夜を問わず工事が進められ、
6月には、本丸と二の丸が、ほぼできあがったと思われます。
uesugi04.jpg 
神指城全体の広さは、およそ55ヘクタールで、若松城の2倍。本丸の土塁の高さは、約10mで、本丸と二の丸の周囲には、堀をめぐらせました。
本丸の跡は、空き地になっています。
uesugi06.jpg 
東北隅には、土塁が残っています。
uesugi07.jpg 
神指城からは、遠く磐梯山が見えていたでしょう。
uesugi08.jpg 

しかし、工事は、突然中止になります。
徳川家康が会津に攻めてくるという情報があったからです。
家康が会津征伐の方針を決めたという知らせを聞いた景勝は、白河で迎え撃つべく布陣します。

慶長5年(1600年)7月、石田三成が、家康を討つように多くの大名に指令を出します。
石田三成の挙兵を知った家康は、宇都宮にいた蒲生秀行(上杉景勝の前の会津領主)を上杉軍と対峙させました。
家康は、会津征伐を中止して岐阜に向かい、9月、関ヶ原の合戦になります。
この間、景勝は、最上軍や伊達政宗と戦いますが、関ヶ原での豊臣方の敗北を知って会津に引き上げます。
若松に帰った上杉軍は、今後のことを協議した結果、降伏の道を選びました。

慶長6年(1601年)8月、景勝は、家康に謝罪します。その結果、会津など90万石が削られ、米沢30万石が与えられました。
こうして、神指城を築いて天下に望みをかけた景勝の会津支配は、3年半で終わり、その後に、宇都宮にいた蒲生秀行が、家康の婿として60万石で会津の領地に再び入ってきます。

蒲生秀行の時代へ つづく

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津領主・藩主④ 蒲生氏郷の時代

天正18年(1590年)、豊臣秀吉は、小田原城を攻め落としました。
奥州仕置きで、伊達政宗から、会津黒川城を没収します。
8月9日、秀吉は、小田原から白河を通って黒川に入ります。この間の道路の普請を政宗に命じています。
秀吉は、黒川滞在中に「検地令」を出しています。
そして、会津の領主として指名したのが、蒲生氏郷(がもううじさと)です。
gamou01.jpg 
蒲生氏郷は、弘治2年(1556年)、近江国日野城主(滋賀県)蒲生賢秀の子として生まれ、幼くして織田信長の人質となりましたが、信長に愛され、娘冬姫と結婚することとなりました。
その後、秀吉のもとで小牧・長久手の合戦に活躍し、伊勢国松ヶ島(後の松坂)12万石の城主でした。
九州征伐・小田原征伐の功のよって会津40万石を命じられ、検地の結果、92万石の領主となりました。
gamou02.jpg 

氏郷は、黒川の城下町を「若松」と名称を変えます。これは、自分の郷里である近江国蒲生郡の「若松の森」にちなんでつけたと伝えられています。

文禄元年(1592年)、氏郷は、城と城下町の本格的な構築を命令しています。
①郭内の大通りは、東西三里(12km)、南北二里(8km)の十字形に交差した街路にする。
②郭の周囲は堀を深くし、要所に木戸をつくって警護する。
③商人や職人の屋敷は、侍の屋敷と区別する。
④城下町のはずれに旅宿その他を置く。
⑤交易を盛んにするため、市を開く。

文禄2年(1593年)、若松城の本丸中央に七層の天守閣が完成します。
文禄3年(1594年)2月、「若松」という名をつけ、城を築き、城下町を整備した氏郷は、京都に向かいます。
氏郷は、京都で病にかかり、若松には、帰れませんでした。
文禄4年(1595年)2月7日、氏郷は、40歳で亡くなります。
遺骨は、京都の大徳寺黄梅院に葬られ、遺髪は、若松の興徳寺に埋葬されました。

氏郷が亡くなった跡を、秀吉は、氏郷の子鶴千代に継がせます。
13歳の鶴千代は、名を秀行と改め会津領主となりますが、若かったので重臣たちの紛争などがありました。
慶長3年(1598年)1月、秀吉は、秀行を宇都宮12万石へ左遷させます。

この後、会津に入ったのは、上杉景勝です。

上杉景勝の時代へ つづく

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

会津領主・藩主③ 伊達政宗の時代

1189年から、会津の領主を400年続けた葦名氏。
18代目の盛隆(もりたか)が家臣に殺害されたのが、天正12年(1584年)10月6日でした。
19代目の領主になったのは、生後1ヶ月の亀王丸(かめおうまる)です。
この直後の天正12年(1584年)11月26日、隣国米沢(現山形県)の伊達政宗(だてまさむね)が檜原城(北塩原村)を襲撃し、葦名方の穴澤(あなざわ)一族を滅ぼしています。
date02.jpg 

これを受けて葦名氏は、大塩村(北塩原村)に、柏木城を築きます。
date01.jpg 
当時の米沢路は、米沢から喜多方への最短ルートで、米沢から峠を越えた所が檜原(ひばら)、その先の大塩峠を越えると、大塩です。
大塩は、重要な防衛線だったので、柏木城を築きましたが、この城跡は、その存在が最近まで知られていませんでした。
date04.jpg 
柏木城跡は、数年前に発掘調査が行われ、見学できるようになりました。
date05.jpg 

天正13年(1585年)5月、伊達政宗は、檜原から会津を攻めますが、葦名方は、柏木城で防戦しました。
門や、屋敷の石垣が残っています。
date06.jpg 
土塁も残っています。
date07.jpg 

天正15年(1587年)3月、亀王丸が3歳で亡くなり、義広(よしひろ)が会津に入ります。
このころから、上杉景勝、伊達政宗、佐竹義重などの大名たちは、各地で小さな争いを繰り返します。
天正16年(1588年)6月、伊達政宗は、猪苗代盛国を伊達方に引き入れます。
天正17年(1589年)6月、伊達政宗は、家臣の片倉景綱(かたくらかげつな)を猪苗代へ、原田宗時(はらだむねとき)と、新田義綱(にったよしつな)を檜原に送りました。
3日後には、政宗も猪苗代城に進軍します。
伊達方の動きを知った葦名義広は、黒川城(会津若松)から、猪苗代方面に出陣します。
date03.jpg 

6月5日、磐梯山麓の摺上原(すりあげはら)で決合戦が始まりました。
date10.jpg 
早朝から始まった激戦でしたが、午後には、葦名方が劣勢になり、一斉に退却しました。
葦名方の活躍を、後の時代に、三忠碑として残しています。
date08.jpg 
旧二本松街道に石碑があります。
date09.jpg 
摺上原のあたりは、そば畑と水田になっています。
date11.jpg 

摺上原の戦いに敗れた葦名義広は、黒川城へ逃げ帰りました。
対策を話し合おうとしましたが、重臣たちは、だれも応じなかったと言われています。

摺上原の合戦で、葦名氏に勝った日から6日後の、天正17年(1589年)6月11日、伊達政宗は、黒川城に入りました。
政宗は、手際よく新しい国造りに取りかかりました。
date12.jpg 
政宗は、領民の疲れを招く城の改築は、差し控え、まず、手柄のあった家臣たちに恩賞を与え、軍備を整えて、関東への進出の時期を待つという目算があったようです。
政宗が葦名を攻めたことを知った豊臣秀吉は、天正17年(1589年)7月4日、会津から兵を撤退することを命じています。
そのうち、秀吉の小田原攻めが具体化し、政宗にも、参加の催促が来ます。
天正18年(1590年)6月5日、政宗が、小田原に着きます。
6月9日、秀吉は、奥羽の仕置を命じ、政宗は、会津攻略がらみで手に入れた領地を没収されました。
7月13日、政宗は、家臣団を引き連れ、黒川城を出て、米沢城に移りました。
こうして、会津の伊達支配は、1年で終わったのです。

蒲生氏郷の時代へ つづく

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング