歌のうまさにびっくり! ティーナ・カリーナ「ひとり昭和歌謡祭」

9月17日、ティーナ・カリーナのコンサート「ひとり昭和歌謡祭」福島公演に行ってきました。
tanakarina01.jpg 
「ひとり昭和歌謡祭」とは、何でしょう。
ティーナ・カリーナのワンマンコンサートです。
歌う曲が昭和の時代のヒット曲で、演歌、フォーク、バラードなどさまざまです。
tanakarina03.jpg 
一人で何でも歌うということは、歌がうまいんです。
昭和の歌を知っている人なら分かると思いますが、演歌が歌える歌手は、何を歌ってもうまいんです。
この日も、一人で、2時間、歌い続けました。
ちょっと年齢層が高いお客さんたちも、のりのりでした。

さて、「ティーナ・カリーナ」とは、どんな歌手でしょう。
tanakarina04.jpg 
本名は、田中里奈。その読みからティーナ・カリーナの芸名に。
出身は、大阪ですが、東日本大震災の直後から、仙台市や宮城県で活動しています。
オリジナル曲もありますが、2014年から、昭和歌謡のカバー曲を歌うようになりました。
カバーアルバムCDも出しています。
tanakarina05.jpg 

今までは、宮城県内でコンサートを行っていましたが、今回、宮城県外でコンサートを開催することになりました。
福島、岩手、秋田、いわきですが、いずれも小さいホールです。
宮城県外では、知名度が低いので、お客さんがどのくらい集まるか不安なのでしょう。
ちなみに、福島公演は、とうほう・みんなの文化センター小ホールで、300席が、ほぼ埋まっていました。
3800円の料金設定もよかったと思います。
tanakarina02.jpg 

ジュディ・オングの「魅せられて」で始まって、
「みずいろの雨」「勝手にしやがれ」・・・など、
衣装替えをしながら、20曲ほど熱唱でした。
レパートリーは、まだまだありそうです。
小ホールということで、ステージが近くて、臨場感がありました。
語りも、おもしろかったです。

伴奏は、カラオケかなと思っていたら、4人のバンドの生演奏でした。
ドラム、ギター、ベース、そして、キーボード(シンセサイザー)。
みんなが知ってる、いろいろなジャンルの曲を歌うのですが、伴奏も、オリジナルのアレンジに近くしてありました。
キーボード担当が、木管や金管の音色も出し、さらに、コーラスもやっていました。
びっくりです。

知っている曲を、うまく歌ってくれるので、安心して楽しめます。
大ホールが満員になるように、頑張ってほしいです。
CDは、こちらからどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

東北地方ランキング

廃線50周年「沼尻軽便鉄道」記念事業があります

50年前に廃線になった、福島県猪苗代町の「沼尻軽便鉄道」を紹介します。
keiben01.jpg 
大正2年(1913年)、川桁・大原間に鉄道が開通しました。
それから、57年間走り続けた沼尻軽便鉄道は、昭和43年(1968年)10月、廃線になりました。
当時の車両が、猪苗代町の「アクアマリンいなわしろカワセミ水族館」に、保存されています。
keiben02.jpg 
機関車に連結された2両の客車の中に、入れるようになっています。
keiben03.jpg 
当時の運行の様子が、説明されています。
keiben04.jpg 

廃線から50年の今年2018年、記念事業が行われています。
猪苗代町図書館「和みいな」では、9月11日から9月24日まで、「軽便鉄道モジュール展」を開催中です。
keiben05.jpg 
2014年までは、カワセミ水族館に、軽便鉄道の資料や模型の展示がありました。
しかし、水族館のリニューアルによって、展示スペースがなくなり、屋外の車両のみの展示になりました。
今回、図書館での展示のために、保管してあった資料を出してきたようです。
keiben06.jpg 
この沼尻軽便鉄道は、古関裕而作曲の「高原列車は行く」のモデルになっています。
展示は、動画や写真、
keiben08.jpg 
車両の模型、
keiben07.jpg 
すてきなイラスト、
keiben10.jpg 
本、
keiben11.jpg 
昔の駅の様子、
keiben12.jpg 
昭和の時代なので、写真は、多いです。
keiben13.jpg 
そして、部屋いっぱいの鉄道模型、
keiben14.jpg 
Nゲージの模型、ジオラマで、駅や沿線の様子が再現されています。
keiben15.jpg 
機関車、客車、貨車、ガソリンカーなどの車両も再現されて、動くようになっています。
この模型セットは、かつては、カワセミ水族館に展示されていました。
今は、沼尻軽便鉄道の会津下館駅・村の停車場の2階の沼尻軽便資料展示室に保管してありますが、建物の耐久性などの問題で、一般公開は、していないということです。
今回、図書館に特別展示になったということです。
よく作ってあるのに、常設公開されないのは、もったいない話です。
資料展示室整備には、200万円ほどかかるという話です。
なんとかなりませんかねえ。

沼尻軽便鉄道は、安達太良山の西側、沼尻温泉近くでとれる硫黄を運ぶ路線でした。
昭和の時代には、沼尻温泉やスキー場への観光客を乗せる鉄道でもありました。
keiben16.jpg 
keiben17.jpg 
すてきな駅名スタンプもあります。
keiben18.jpg 

9月29日には、カワセミ水族館にある車両を使って、50周年記念事業が行われます。
車両は、走りませんが、警笛とライトが稼働するということです。
keiben19.jpg 

昭和の雰囲気にふれてみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

秋の企画展 戊辰戦争150年「福島県立博物館」

会津若松市にある、「福島県立博物館」を紹介します。
kenpaku06.jpg 
福島県立博物館は、会津若松市の鶴ヶ城の三の丸にあります。
無料駐車場があるので、車で行っても大丈夫です。
平屋の大きな建物ですが、12月まで外装の工事をしています。
kenpaku01.jpg 
原則、月曜日が休館日です。
常設展観覧料は、270円です。
企画展観覧料は、内容によって変わります。戊辰戦争150年は、800円です。
企画展は、写真撮影不可なので、チラシで紹介します。
kenpaku13.jpg 
京都から始まった「戊辰戦争」の経過が、実物資料をもとにして、分かりやすく説明してあります。
kenpaku14.jpg 
子供用の内容で、折って本の形にできる「ミニガイドブック」もあります。
kenpaku15.jpg 

常設展について、紹介します。
常設展は、ストロボ不可ですが、撮影可です。
福島県全域について、石器時代から昭和の時代まで、展示、説明があります。
最初に目を引くのは、竪穴式住居です。
kenpaku02.jpg 
次の時代は、古墳の模型と、はにわです。
kenpaku03.jpg 
中世は、国見町の、あつかし山防塁のジオラマがあります。
会津地方だけではなく、福島県内全域の資料、説明です。
kenpaku04.jpg 
江戸時代の船があります。
kenpaku05.jpg 
戊辰戦争の時の銃があります。
kenpaku07.jpg 
昭和の時代は、木炭燃料のボンネットバスがあります。
kenpaku08.jpg 
自然と人間のコーナーには、磐梯山周辺の地形ジオラマがあり、地質、地層も見られます。
kenpaku09.jpg 
明治時代の磐梯山噴火の説明があります。
kenpaku10.jpg 
部門展示室があり、民族のコーナーがあります。
kenpaku11.jpg 
自然コーナーには、いわきで見つかった、フタバスズキリュウの骨格標本があります。
kenpaku12.jpg 

企画展「戊辰戦争150年」は、10月14日までです。
この機会に、ぜひ行ってみませんか。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング