香りがよく甘い スイートポテト

香りがよくて甘いスイートポテトを作りました。
poteto07.jpg 

材料
サツマイモ(紅あずま) 2本
砂糖  30g
バター  15g
牛乳  小さじ1
卵  1個
卵黄  1個
バニラエッセンス  少々
シナモン  少々

機械・道具
オーブン  アルミカップ

作り方
①サツマイモの皮をむいて、1~2cmの輪切りにしてゆでる。
poteto01.jpg 
②10分ぐらいゆでて、くしがささるぐらいにやわらかくなったら、火を止め、お湯をすてて、ポテトマッシャーやスプーンなどでつぶす。
poteto02.jpg 
③バターを入れて、まぜる。
poteto03.jpg 
④砂糖、牛乳、といた卵をまぜ合わせ、バニラエッセンス、シナモンを入れる。
⑤つぶしたサツマイモを入れて、よくまぜる。
ここで、味見をするとよい。
poteto05.jpg 
⑥アルミカップに、イモをつめて形を整える。
スプーンを水でぬらすと、べたべたくっつかない。
⑦表面に卵黄をぬる。
poteto06.jpg 
⑧オーブン予熱あり、200度で10分焼く。
poteto07.jpg 
焼き色がついて、完成。

卵と、バニラと、シナモンの香りがよく、甘くておいしいです。
サツマイモ(紅あずま)の、もさもさ感があるので、もう少しクリーミーにしたいです。
牛乳を増やすといいのか?
次回は、ねっとり系の品種で、作ってみます。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

パン・お菓子作りランキング

サクサクで甘酸っぱい アップルパイ

小麦粉からパイ生地を作り、アップルパイを作りました。
pai13.jpg 

材料
①煮リンゴ
リンゴ(紅玉)  2個
砂糖  80g
バター  10g
レモン汁  15ml
シナモン  少々
ラム酒  少々
塩水につける塩  一つまみ
②パイ生地
薄力粉  100g
バター  75g
水  50ml
卵(卵黄と卵白に分けて)  1個

機械・道具
オーブン  めん棒
オーブンで使えるパイ皿

作り方(煮リンゴ)
①リンゴの皮をむいて、いちょう切りにして塩水につける。
②リンゴと砂糖、シナモンをなべに入れて弱火で20分ぐらい煮る。
この間に、パイ生地の準備をします。
pai01.jpg 
③リンゴが透明になったら、バターを入れて火を止める。
pai02.jpg 
④冷めたらレモン汁と、ラム酒を入れる。
味見をして、おいしければOK。このままでも食べられます。
pai03.jpg 

作り方(パイ)
①ボールに薄力粉を入れ、湯せんで溶かしたバターを入れ、よくもみまぜる。
バターが溶けていないと、よくまざりません。
よくまざると、ねばりが出てきて固まります。
pai04.jpg 
②冷たい水を少しずつ入れて、まぜる。
べたべたしていますが、ひとまとめにして、小さい器に入れて、ぬれふきんをかけて冷蔵庫に30分入れて、冷やします。
pai05.jpg 
③冷やすと固くなります。冷蔵庫から出して、2対1の大きさで、2つに分ける。
pai06.jpg 
④大きい方から先に、小麦粉をふった台の上で平にのばす。
pai07.jpg 
⑤厚さ5mmぐらいにのばしたら、3つ折りにしてたたむように重ねる。
たて横の方向を変えて、またのばして、3つ折りにして重ねる。
これを4、5回くり返す。
べたべたくっつくときは、小麦粉をつける。
⑥パイ皿の直径より大きくのばす。
pai08.jpg 
⑦パイ皿に生地をしいて、ふちの上に合わせる。
⑧底になる部分にフォークで穴をあける。
pai09.jpg 
⑨底に卵白をぬって、煮リンゴを並べて入れる。
⑩初めに分けていた小さい方の生地を、同じやり方で、のばして3つ折りにしてたたんで重ねる。
⑪リンゴの上に、ふたになるようにのせ、ふちをくっつける。
pai10.jpg 
⑫上の面に、卵黄をぬる。
pai11.jpg 
⑬オーブンで、温度を変えて2回焼く。
1回目、予熱ありで、180度20分。
続けて2回目、170度20分。
pai12.jpg 
おいしそうな焼き色で、完成。

pai13.jpg 
パイ部分は、サクサクでうまく焼けました。
リンゴは、紅玉の甘酸っぱい味がおいしいです。
シナモンとラム酒の香りが、かくし味になっています。
パイ皿は、金属製で底が、はずれるタイプが便利です。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓
福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング

なめらかとろとろ かんたんプリン

オーブンレンジで、蒸し焼きプリンを作りました。
purin04.jpg 

材料
牛乳  130ml
生クリーム  50ml
卵黄  2個
砂糖  25g
バニラエッセンス  数滴

機械・道具
オーブンレンジ
耐熱容器

作り方
①耐熱容器に、牛乳、生クリーム、砂糖を入れ、電子レンジ500w 1分30秒で溶かす。
purin01.jpg 
②ボウルに移し、卵黄とバニラエッセンスを入れて、混ぜる。
purin02.jpg 
③うらごしして、プリンの容器に入れる。
④オーブンレンジの黒皿にペーパータオルをしき、水200mlを入れて湿らせる。
purin03.jpg 
⑤オーブンレンジで加熱する。
170度で35分ぐらいで、表面が茶色になったら、中も固まっています。
purin04.jpg 

口当たりは、なめらかで、とろとろ。
卵の風味があり、濃厚な味で、甘くておいしいです。
表面は、こげ色が付きましたが、中は、すが入らなくて、なめらかでした。
冷蔵庫で冷やして食べるといいです。
purin05.jpg 
湯飲みに入れたためか、固まりにくかったです。
固まらないときは、再加熱すればいいです。
金属製の容器だと、加熱時間が短いと思います。
プラスチック製の容器は、耐熱性をチェックする必要があります。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓


福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

手作りお菓子ランキング