昭和の思い出、そのままに「日中線記念館」

福島県喜多方市
旧国鉄日中線熱塩駅(日中線記念館)を紹介します。
atusioeki01.jpg
旧国鉄日中線は、磐越西線喜多方駅から分岐して山形県米沢市までの計画で敷設されました。
開通したのは、昭和11年、喜多方から熱塩までの11.6kmでした。
その後、米沢までの延伸も計画されましたが、戦争や戦後の社会情勢の変化で、昭和59年9月に廃線になりました。
その後、駅舎や関係資料を保存するために、日中線記念館が造られました。
atusioeki02.jpg
この駅舎は、ヨーロッパ風の外観でおしゃれなつくりです。
円形の入口と、赤い三角屋根がかわいいです。
atusioeki03.jpg
この記念館は、昭和60年に開館し、無料で公開しています。
一度行きたいと思っていた施設でしたが、今回、熱塩温泉に泊まる機会があったので、行ってみました。

かつて線路だった場所が駐車場になっているので、プラットホームの方から入れるようになっています。
atusioeki04.jpg
ホームの部分に線路を残していてもよかったかなと思います。
atusioeki05.jpg
ホームに残る駅名看板です。
この先、日中温泉があるのですが、延伸しないままに廃線になりました。
atusioeki06.jpg
ホームにかかる屋根が木造で、いい雰囲気です。
今でもホームに列車が入って来そうです。

駅舎の中は、展示室になっています。
atusioeki07.jpg
待合室の雰囲気は、昔のままです。
蒸気機関車の写真が、たくさん飾ってあります。
atusioeki08.jpg
廃線セレモニーが盛大に行われたようです。
atusioeki09.jpg
駅長事務室には、日中線の資料が展示されています。
atusioeki10.jpg
昭和の時代の切符は、硬券でした。
行き先が印刷されている切符が入っています。
今は、ほとんど入っていませんが、1箇所だけ、切符が入っています。
atusioeki11.jpg
「愛の始発駅 熱塩から 喜多方ゆき」おしゃれな記念切符です。
料金100円は、缶に入れてください、と書いてあります。
記念に1枚買いました。
裏は、熱塩温泉共同浴場のサービス券になっていました。

外には、ラッセル車と客車が展示されています。
atusioeki12.jpg
キ・100278は、蒸気機関車が押すタイプの除雪車で、日中線では、冬に活躍していたのでしょう。
atusioeki13.jpg
熱塩駅に展示されているのは、ラッセル車と客車ですが、喜多方駅の近くの遊歩道には、蒸気機関車C11が展示されています。
atusioeki14.jpg
客車は、オハフ612752です。
これもC11に牽引されて活躍していたのでしょう。
atusioeki15.jpg
中に入ると、昭和の時代に戻ったような気分になります。
この雰囲気、そうです、鬼滅の刃無限列車の時代です。
鬼滅ブームで、見学者が多かったようです。

懐かしい写真や資料がたくさんあって、隠れ鉄ちゃんとしては、もう一度行ってみたい所です。
40年前にタイムスリップしたい方にお勧めです。

よかったらこちらをクリック

福島県ランキング

うまい酒が飲み放題 ジパング号で行く「ふくしま地酒満喫の旅」

2019年10月5日
ジパング号で行く「ふくしま地酒満喫の旅」に参加しました。
jipangusake01.jpg
10月から、ふくしま秋冬観光キャンペーンが始まり、JRの特別列車ジパング号で行く「ふくしま地酒満喫の旅」が運行されました。
9月に募集があり、インターネットで申し込みしました。
jipangusake02.jpg
福島駅の改札口前で受け付けをして、ジパング号に乗り込みます。
jipangusake03.jpg
黒色をベースに、金色の柄が、渋いイメージです。
jipangusake04.jpg
4両編成で、1号車と4号車が酒を振る舞う、フリースペース。
2・3号車が、旧特急電車の車両で座席指定です。
jipangusake05.jpg
募集定員130名が満員なのかどうか、座席は、2~3割空いています。
jipangusake06.jpg
1・4号車は、前後で仕様が違っていて、ステンドグラスのような部屋は、酒の振る舞いには、使っていません。
jipangusake07.jpg
ふくしま観光キャンペーンの開会式があったようで、福島県知事を含めて、たくさんの関係者に見送られました。
10:45 福島駅を出発して、東北本線を南下し新白河までの旅です。

このツアーの目的は、
①福島のおいしい酒試飲
②おいしいおつまみ
③おみやげ
④ジパング号に乗る
でしょう。

まず、おいしいおつまみの紹介です。
jipangusake08.jpg
ツアー名が入った、きれいな掛け紙です。
jipangusake09.jpg
ご飯は、入っていなくて、酒に合うおつまみが9品入っています。
赤魚焼き、鶏塩麹焼き、など、しょっぱくないけど、濃い味付けで、酒のつまみによく合います。
jipangusake10.jpg
昆布や、豆などもあって、いろいろな味を楽しめます。

福島駅を発車して間もなく、酒の振る舞いのアナウンスがありました。
1号車と4号車で、違う蔵が、自慢の酒を出しています。
jipangusake11.jpg
本宮市の大天狗酒造
純米吟醸、特別純米、純米酒の3品です。
純米吟醸は、フルーティーで米の味があって、甘味があります。
本宮駅の近くに蔵があるので、列車が通過したときには、蔵の人たちが手を振ってくれました。

会津若松市の末廣酒造
jipangusake12.jpg
純米大吟醸亀の尾、大吟醸剣、大吟醸舞の3品です。
いずれも、値段が高い酒で、なかなか手が出ません。
剣と舞は、売っている店が少ないです。
剣は、すっきりしていて、のどごしよく、雑味がなくておいしいです。

白河市の千駒酒造
jipangusake13.jpg
純米大吟醸、大吟醸、純米吟醸の3品です。
純米大吟醸は、フルーティーな香りで、米の味、すっきりしていて飲みやすい、おいしいです。

郡山市の笹の川酒造
jipangusake14.jpg
純米吟醸、特別純米山桜、純米の3品です。
純米吟醸は、フルーティーな香りで、甘味があります。

白河市の大谷忠吉商店・特別純米登龍
白河市の有賀醸造・特別純米陣屋
jipangusake15.jpg
登龍は、米の味で濃い味です。
陣屋は、米の味がしっかりあって、やや酸味があります。

jipangusake16.jpg
最初に、すり切り一合ぐらいのプラカップをもらいました。
これをマイカップにして、飲みたい酒をもらいに行きます。
何杯でも飲み放題です。
大吟醸は、おいしくて、すいすい飲めるので、飲み過ぎ状態でした。

後半は、大天狗酒造の杜氏さんが、つぎに来てくれました。
jipangusake17.jpg
卯酒 月見うさぎ 純米吟醸です。
米の味がしっかりしていて、やや酸味があります。

キャラクターによる歓迎や、おみやげが、たくさんありました。
郡山駅で、20分停車。
jipangusake18.jpg
ホームに出て、おみやげをもらいます。
jipangusake19.jpg
あさか舞のご飯と、クリームボックス。
郡山自慢のおいしいものです。

2時間20分が、あっという間でした。
13:04 新白河駅到着。
jipangusake20.jpg
列車に乗っていた着物の人たち? に見送られます。
jipangusake21.jpg
駅の中では、白河郡町村のキャラクターがお出迎えです。
jipangusake23.jpg
それぞれの町のおいしいものをもらいました。
jipangusake22.jpg

ちょっと重いですが、ふくしまのトートバッグの中には、おみやげの酒が。
jipangusake24.jpg
消臭剤、透明ケースも、入っています。
jipangusake25.jpg

高い、おいしい酒が、飲み放題
帰ってからも、また飲める
8800円で、大満足のツアーでした。

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング

臨場感ある南会津の風景が楽しめる「会津鉄道 お座トロ展望列車」

2019年5月6日
会津鉄道「お座トロ展望列車」に乗りました。
ozatoro01.jpg 
会津若松から会津田島まで、会津鉄道では、イベント列車「お座トロ展望列車」を運行しています。
今回は、会津若松から往復乗車しました。
会津田島方面へ向かう列車は、先頭がトロッコ車両です。
ozatoro02.jpg 
車体の横には、かわいい絵がかいてあります。
ozatoro03.jpg 
9:30 会津若松を発車します。
先頭がトロッコ車両、後ろ2両目が、お座敷と展望席です。
この編成なので、「お座トロ展望列車」です。
観光用の列車ということで、乗車券のほかに、整理券310円を買う必要があります。
座席指定ではないので、混雑する時期は、早く行って、並んだ方がいいでしょう。
この日は、お客さんが少なかったです。
ozatoro04.jpg 
トロッコ車両は、4人対面シートで、間にテーブルがあります。
窓が広く、窓枠が外せるようになっています。
この日は、一部だけ窓枠なしの運転でした。

車内販売が充実しています。
ozatoro05.jpg 
売店があって、走行中、いつでも応対してくれます。さすが、私鉄です。
テーブルの上には、メニューが備え付けてあります。

会津若松市内を出ると、間もなく、芦ノ牧温泉駅です。
ozatoro06.jpg 
猫駅長で、有名な駅です。

芦ノ牧温泉を過ぎると、大川ダムがあります。
ダム湖にかかる鉄橋では、停止して、風景の説明があります。
ozatoro07.jpg 
新緑の山と、道路の橋がきれいに見えます。
ozatoro08.jpg 
列車の窓から見ると、手前に何もないので、湖が近く見え、臨場感があります。

ダム湖を過ぎると、トンネルが続きます。
トンネル内では、車内の灯りを暗くして、トンネルシアターを上映します。
車内のプロジェクターから、トンネルの壁面にアニメ番組を投影します。
珍しい企画で、おもしろいです。
間近で見るためには、トロッコ車両の真ん中の座席をおすすめします。


大川ダムを過ぎると、湯野上温泉駅です。
ここは、かやぶき屋根の駅です。
大内宿に行くバスが出ています。
ozatoro11.jpg 

会津若松から1時間30分で、会津田島に着きます。
ozatoro12.jpg 
ここから東武鉄道の列車に乗ると、鬼怒川、日光、浅草方面に行くことができます。
今回は、お昼ご飯を食べてから、折り返しの列車に乗ります。

会津田島駅の2階に気になるレストランがあったので、行ってみました。
「ヴォーノ」というおしゃれな店名です。
メニューを見ると、ちょっと変わった食べ物が・・・
ozatoro13.jpg 
この味は、パスタだろう、と思いながら、
「トマトラーメン」と「イタリアンラーメン」に挑戦。
ozatoro14.jpg 
「トマトラーメン」は、塩味スープに、トマトジュースがたっぷりかかっています。
あとは、メニューの説明の通りです。
一言、おいしいです。
ozatoro15.jpg 
「イタリアンラーメン」は、塩味スープとバジルソースが混ざっています。
これがまた、おいしいです。
ozatoro16.jpg 
2品とも、今までに見たことない、食べたことがない、おいしいラーメンでした。

11:54 会津田島を発車します。
お座敷車両は、くつを脱いで、ざぶとんの上に座ります。
背もたれはないですが、座面が広いので、ゆったり座れます。
テーブルは、トロッコ車両より広いです。
ozatoro17.jpg 
窓は開きませんが、窓枠が上下も左右も広いので、外の景色は、よく見えます。
ozatoro18.jpg 
外を見ながらゆったり気分になれるのは、トロッコよりも、お座敷車両です。
トンネルに入って暗くなると、ピンクの灯りが付きます。
ozatoro19.jpg 
芦ノ牧温泉駅には、猫駅長のぬいぐるみがありました。
ozatoro20.jpg 

会津田島駅で買ったのは、「おふくろ弁当」と「鴫山」です。
どちらも、会津田島限定販売です。
ozatoro21.jpg 
車内販売で買ったのは、「ポッポ豆」と「ほおずきアイス」です。
600円以上の買い物で、ストラップをもらいました。
ozatoro22.jpg 
ほおずきアイスは、ほおずきの香りで、甘くて、ほんのり酸っぱくておいしいです。
これは、「金子牧場」で作っているアイスで、車内販売限定です。

お座トロ展望列車は、主に土・日・祝日を中心に運行しています。
風を浴びながら臨場感ある南会津の風景を楽しんでみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR