臨場感ある南会津の風景が楽しめる「会津鉄道 お座トロ展望列車」

2019年5月6日
会津鉄道「お座トロ展望列車」に乗りました。
ozatoro01.jpg 
会津若松から会津田島まで、会津鉄道では、イベント列車「お座トロ展望列車」を運行しています。
今回は、会津若松から往復乗車しました。
会津田島方面へ向かう列車は、先頭がトロッコ車両です。
ozatoro02.jpg 
車体の横には、かわいい絵がかいてあります。
ozatoro03.jpg 
9:30 会津若松を発車します。
先頭がトロッコ車両、後ろ2両目が、お座敷と展望席です。
この編成なので、「お座トロ展望列車」です。
観光用の列車ということで、乗車券のほかに、整理券310円を買う必要があります。
座席指定ではないので、混雑する時期は、早く行って、並んだ方がいいでしょう。
この日は、お客さんが少なかったです。
ozatoro04.jpg 
トロッコ車両は、4人対面シートで、間にテーブルがあります。
窓が広く、窓枠が外せるようになっています。
この日は、一部だけ窓枠なしの運転でした。

車内販売が充実しています。
ozatoro05.jpg 
売店があって、走行中、いつでも応対してくれます。さすが、私鉄です。
テーブルの上には、メニューが備え付けてあります。

会津若松市内を出ると、間もなく、芦ノ牧温泉駅です。
ozatoro06.jpg 
猫駅長で、有名な駅です。

芦ノ牧温泉を過ぎると、大川ダムがあります。
ダム湖にかかる鉄橋では、停止して、風景の説明があります。
ozatoro07.jpg 
新緑の山と、道路の橋がきれいに見えます。
ozatoro08.jpg 
列車の窓から見ると、手前に何もないので、湖が近く見え、臨場感があります。

ダム湖を過ぎると、トンネルが続きます。
トンネル内では、車内の灯りを暗くして、トンネルシアターを上映します。
車内のプロジェクターから、トンネルの壁面にアニメ番組を投影します。
珍しい企画で、おもしろいです。
間近で見るためには、トロッコ車両の真ん中の座席をおすすめします。


大川ダムを過ぎると、湯野上温泉駅です。
ここは、かやぶき屋根の駅です。
大内宿に行くバスが出ています。
ozatoro11.jpg 

会津若松から1時間30分で、会津田島に着きます。
ozatoro12.jpg 
ここから東武鉄道の列車に乗ると、鬼怒川、日光、浅草方面に行くことができます。
今回は、お昼ご飯を食べてから、折り返しの列車に乗ります。

会津田島駅の2階に気になるレストランがあったので、行ってみました。
「ヴォーノ」というおしゃれな店名です。
メニューを見ると、ちょっと変わった食べ物が・・・
ozatoro13.jpg 
この味は、パスタだろう、と思いながら、
「トマトラーメン」と「イタリアンラーメン」に挑戦。
ozatoro14.jpg 
「トマトラーメン」は、塩味スープに、トマトジュースがたっぷりかかっています。
あとは、メニューの説明の通りです。
一言、おいしいです。
ozatoro15.jpg 
「イタリアンラーメン」は、塩味スープとバジルソースが混ざっています。
これがまた、おいしいです。
ozatoro16.jpg 
2品とも、今までに見たことない、食べたことがない、おいしいラーメンでした。

11:54 会津田島を発車します。
お座敷車両は、くつを脱いで、ざぶとんの上に座ります。
背もたれはないですが、座面が広いので、ゆったり座れます。
テーブルは、トロッコ車両より広いです。
ozatoro17.jpg 
窓は開きませんが、窓枠が上下も左右も広いので、外の景色は、よく見えます。
ozatoro18.jpg 
外を見ながらゆったり気分になれるのは、トロッコよりも、お座敷車両です。
トンネルに入って暗くなると、ピンクの灯りが付きます。
ozatoro19.jpg 
芦ノ牧温泉駅には、猫駅長のぬいぐるみがありました。
ozatoro20.jpg 

会津田島駅で買ったのは、「おふくろ弁当」と「鴫山」です。
どちらも、会津田島限定販売です。
ozatoro21.jpg 
車内販売で買ったのは、「ポッポ豆」と「ほおずきアイス」です。
600円以上の買い物で、ストラップをもらいました。
ozatoro22.jpg 
ほおずきアイスは、ほおずきの香りで、甘くて、ほんのり酸っぱくておいしいです。
これは、「金子牧場」で作っているアイスで、車内販売限定です。

お座トロ展望列車は、主に土・日・祝日を中心に運行しています。
風を浴びながら臨場感ある南会津の風景を楽しんでみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

新緑鮮やか、風が気持ちいい「風っこ只見線新緑号」

2019年5月5日
JR只見線、「風っこ只見線新緑号」に乗りました。
kazekko01_20190506211722ca8.jpg 
会津若松から会津川口まで、2両編成のトロッコ列車が往復運転します。
5月3日から5月5日まで3日間の臨時列車です。
会津若松駅では、横断幕が準備されています。
kazekko02_2019050621165671a.jpg 
車内からは、四季島が見えました。
kazekko04_20190506211658a85.jpg 

10:37 会津若松を発車します。
窓は、全面開放です。
kazekko03_20190506211656e12.jpg 
列車内は、木製のベンチシートで、4人のボックスになっていて、テーブルがあります。
天井は、むき出しになっていて、白熱球型の照明で、アンティークな雰囲気です。
kazekko05_20190506211700551.jpg 
西若松から只見線に入ると、南向きだった線路が、大きくカーブして、北向きになります。
新鶴あたりからは、まだまだ残雪がある飯豊連峰がきれいに見えます。


会津柳津を過ぎると、飲み物のサービスがありました。
只見線沿線町村のはっぴを着てのサービスです。
kazekko07_20190506211701a66.jpg 
初めに、柳津名物の、あわまんじゅうが配られました。
できたて、熱々で、おいしいです。
kazekko08_201905062117025ee.jpg 
飲み物は、地酒がメインです。
メニューがきちんと出ています。
kazekko09_20190506211704728.jpg 
ぶなの泉(どぶろく)にしました。
kazekko10_20190506211705212.jpg 
発酵途中という味で、甘くなくすっきりしています。
続いて、男女滝(どぶろく)。
kazekko11_20190506211707c5b.jpg 
どろっとしていて、濃い味です。
おかわりがうれしいです。

列車は、只見川の鉄橋にさしかかります。
スピードを落として、進みます。
kazekko12_20190506211708184.jpg 
木々の新芽が鮮やかで、とてもきれいです。
kazekko13.jpg 
気温が高くなってきて、風が気持ちいいですが、テーブルの上の紙コップなどが、飛ばされそうになります。
気持ちいい風と、ゆっくり酒を飲むことは、両立しないようです。
kazekko14.jpg 
12:31 会津川口着。

会津川口駅周辺には、店が少ないので、道の駅までの無料シャトルバスがあります。
列車を降りた人の半分ぐらいが、バスに乗りました。
kazekko15.jpg 
会津川口駅から、バスで10分ほどで、道の駅に着きます。
kazekko16.jpg 
ドライブ途中の車もたくさん駐まっていました。
道の駅の中のレストランは、混雑していたので、外の出店で食べ物を調達しました。
kazekko17.jpg 
やきそば(目玉焼きのせ)500円は、見かけよりもおいしいかったです。
手作りの味で、少量ずつ作っているので、できたてでした。
玉こん100円は、唐辛子の辛味が効いていておいしいです。
kazekko19.jpg 
麹や特製のみそ田楽100円は、大きいこんにゃくに、甘くておいしいみそです。
kazekko18.jpg 
常設の店ではないので、次に、また買えるかどうか。
シャトルバスで、会津川口駅に戻ります。

13:56 会津川口発。
kazekko20.jpg 
行くときと同じ車両、同じ席でした。
kazekko22.jpg 
ベンチ型のいすは、木製なので、座布団があるといいです。
kazekko21.jpg 
只見川は、本流にダムがあるので、湖のように見えます。
緑で濁っている色です。

帰りの列車でも、飲み物のサービスがありました。
kazekko24.jpg 
地酒を飲む人が少なかったようで、桐娘(清酒)と、ちゃ・ちゅ・ちょ(赤かぼちゃ焼酎)と、トマトジュースをおかわりしました。
飲み放題状態です。
kazekko25.jpg 

天気がよかったので、新緑が鮮やかに見え、風が気持ちよかったです。
飲み物のサービスは、おかわりができるので、酒が好きな人は、運転しないで飲む準備をして乗車した方がいいです。
道の駅かねやまでは、レストランが混雑するので、レストラン以外で、買って食べるつもりで行った方がいいです。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

大人の休日倶楽部 冬③「鉄道博物館」

大人の休日倶楽部パス(冬)を使った、日帰りツアー3日目。
③大宮の鉄道博物館です。
teppaku01.jpg 

上り「やまびこ40号」E5系10両 AC電源あり Wifiあり
郡山発8:56 大宮着9:58 6号車指定席 乗客2割ぐらい
teppaku02.jpg 
大宮駅でニューシャトルに乗り換え、鉄道博物館直行です。
teppaku03.jpg 

鉄道博物館は、4年ぶり2回目です。
今年新たにできた南館を中心に見ることにしました。
10時過ぎに入館し、南館E5シミュレーターを目指しました。
人数限定整理券配付ということで、受付に行ってみましたが、空いてたのは、14時過ぎということで、断念。
平日でも希望者が多いということです。
teppaku05.jpg 
数名が並んで待っていた電車シミュレーターをやってみました。
teppaku04.jpg 
本物の運転台だとは知らず、アナウンスされたまま操作しましたが、

停車駅でブレーキをかけるのが遅れて、オーバーランで終了でした。
E5系新幹線は、もっと難しいので、修行を積んで再挑戦します。

南館1階には、現行の新幹線車両が展示されていて、吹き抜けの2階から見ることができます。
teppaku06.jpg 
南館4階は、「ビューレストラン」です。
11時過ぎに行くと、窓際の席が空いています。
おすすめの「クリスマスチキンプレート」1180円を注文しました。
席を確保してから、食券を買い、料理ができたら取りに行くというシステムです。
teppaku07.jpg 
2種類のチキンがおいしいです。
窓際の席からは、新幹線が通過するのが間近に見られます。
teppaku09.jpg 
「大宮ナポリタン」1080円
teppaku08.jpg 
厚切りベーコンがのっていて、たっぷりトマトソースがおいしいです。

本館に戻ると、12時から、C57の転車台を動かすイベントをやっていました。

機関車に付いている汽笛の音が迫力あります。

昔懐かしい東北本線の電車を見ました。
特急ひばりは、仙台から上野まで4時間かかりました。
teppaku10.jpg 
周遊券で乗ったのは、急行まつしまです。
teppaku11.jpg 

平日でお客さんが少ないので、鉄道ジオラマも、じっくり見ることができました。
定時に行われる番組がありますが、それをやっていない時間には、自由に見ることができます。

番組が始まると、照明が変わり、スクリーンに映像が映ります。
実際の列車の運行についての説明がありましたが、このジオラマ模型を動かすシステムもすごなと思いました。

これは、ジオラマの夜景です。
まるで本物の街のようです。
teppaku12.jpg 
広い鉄道博物館、見てないところ、見たいところが、まだまだあります。
平日は、空いているので見やすいです。
もう一度行ってみたいです。
名残惜しいですが、ニューシャトルで大宮駅に戻りました。

下り「つばさ141号」E3系7両 AC電源あり Wifiなし
大宮発14:26 郡山着15:18 14号車指定席乗車 ほぼ満席
teppaku13.jpg 

teppaku14.jpg 

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

地域情報ランキング