乗りつぶせ福島県 阿武隈急行線

福島県の鉄道路線 乗りつぶしの旅
阿武隈急行線
abukyu02.jpg
福島県の鉄道路線を乗りつぶす旅、6日目は、阿武隈急行線、福島駅スタートです。
JR福島駅のエスパルの隣に通路があって、電車乗り場になっています。
abukumakyu01.jpg
阿武隈急行線は、福島駅から宮城県の槻木駅までの私鉄線です。
今回は、丸森駅まで行って戻ってきます。
ouusen01.jpg
奥羽本線に乗る予定があったので、槻木までは行かないで、福島に戻ります。

電車乗り場の看板の下の通路を入っていくと、窓口があります。
abukyu03.jpg
売店がないので、ここの窓口で、切符のほかにグッズも売っています。
abukyu05.jpg
切符は、全線フリーの一日切符です。
毎月9・19・29日に発売のお得な切符です。
abukyu04.jpg
阿武隈川沿いのこの路線には、見どころがいろいろあります。

阿武隈急行線の窓口の隣には、飯坂電車の窓口があり、改札は、共用です。
abukyu06.jpg
ホームの左側は、阿武隈急行線で、右側が飯坂線です。
車両は、AB900系2両編成です。
abukyu07.jpg
隣のホームに、飯坂線の電車が入って来ました。

福島駅を発車して、しばらくはJR東北本線と併走します。
abukyu08.jpg
卸町、東北本線から離れてすぐの所です。
abukyu09.jpg
福島学院前、教育文化のまちです。
abukyu10.jpg
瀬上、国道4号線と阿武隈川の間、住宅地です。
abukyu11.jpg
向瀬上、阿武隈川を渡って東側です。
abukyu12.jpg
高子、高子岡城趾、高子沼があります。
abukyu13.jpg
上保原、伊達市保原町の住宅地。
abukyu14.jpg
保原、ファッションニットの町、上り列車と交換です。
abukyu15.jpg
大泉、伊達市役所が近いです。
abukyu16.jpg
二井田、伊達市保原町の郊外です。
abukyu17.jpg
新田、伊達市梁川町に入ります。
abukyu18.jpg
梁川、福島からの列車はここまで、槻木行きに1分で乗り換えです。
abukyu19.jpg
やながわ希望の森公園前、希望の森公園が近いです。
abukyu20.jpg
富野、阿武隈川に近くなりました。
abukyu21.jpg
兜、阿武隈川の南岸、対岸は、宮城県丸森町です。
ここまでが、福島県内の駅です。
abukyu22.jpg
あぶくま、宮城県側の駅で、阿武隈川船下りの乗船場があります。
abukyu24.jpg
阿武隈川を渡る鉄橋、たびたび水害に見舞われています。
abukyu25.jpg
丸森、前が黄色のAB900系2両編成でした。
abukyu26.jpg
丸森駅で、上り列車を待つ間、グッズを買いました。

梁川までの帰りの列車。
abukyu27.jpg
8100系2両編成、本来の阿武隈急行のデザインです。
梁川から福島までの列車。
abukyu28.jpg
8100系2両編成、伊達のデザインです。

阿武隈急行線が開業して30年、地震や洪水などの被害が大きかったです。
さらに乗客が減っていて、経営が大変だと言うことです。
頑張れ、あぶきゅう。
よかったらこちらをクリック
福島県ランキング
福島県ランキング

乗りつぶせ福島県 奥羽本線

福島県の鉄道路線 乗りつぶしの旅
奥羽本線(山形線)
ouusen03.jpg
福島県の鉄道路線を乗りつぶす旅、青春18切符を使い終わって、6日目は、切符を買って、福島駅スタートです。
ouusen02.jpg
JR線で乗っていなかったのが、奥羽本線(山形線)です。
ouusen01.jpg
福島を起点に2路線を乗るため、福島までは車で行きました。
初めに阿武隈急行に乗りましたが、先に奥羽本線を紹介します。

奥羽本線の普通列車は、本数が少ないので、乗り継ぎが難しいです。
いろいろ考えた結果、峠駅まで往復することにしました。
ouusen04.jpg
車両は、719系2両編成です。
ouusen06.jpg
福島駅を出ると、山形新幹線の高架が下がってくるのが見えます。
東北新幹線から分かれて奥羽本線に入ってくるアプローチ線で、現在は1本ですが、上り線を建設中です。
ouusen07.jpg
列車の中で駅弁、と思ったのですが、福島駅のオリジナル駅弁が買えなかったので、みそおにぎりとおはぎです。
ouusen05.jpg
福島駅の改札は、スイカで入ったので、車内で車掌さんから切符を買いました。
ouusen08.jpg
笹木野、福島市郊外の住宅地です。
ouusen09.jpg
庭坂、果樹園が広がる地域です。
福島県内の駅は、ここまで。
ここから山間部に入り急勾配の路線が続き山形県境を越えます。
ouusen10.jpg
新幹線とすれ違い、複線なので、待ち時間はありません。
ouusen11.jpg
板谷、山形県境を越えて米沢市の最初の駅です。
ouusen12.jpg
かつてスイッチバック駅だったときのポイントを豪雪から守るために設置されたシェルターの中に、駅のホームがあります。
ouusen13.jpg
峠、山形県側米沢市内の駅ですが、奥羽本線では最高地点で、標高は626mです。
ouusen14.jpg
列車を降りると、峠の力餅を売っていました。
最近では珍しいので、1箱1000円で買って、上り列車を待ちます。
ouusen15.jpg
板谷峠は急勾配と豪雪による難所として知られ、もともと普通列車はスイッチバックで登っていました。
このため、複雑な線路やポイントなどの施設が駅構内に設けられ、それらは雪から守るためスノーシェルターで覆われていました。
山形新幹線開業に伴う改軌工事によりスイッチバックは廃止され、ホームも本線上に移設されましたが、スノーシェルターは新たに設けられたホームの覆屋として流用され、上下線も含めて大きく覆った構造から独特の雰囲気となっています。

待ち時間6分で、上り列車に乗りました。
峠の力餅は、かき入れ時です。
ouusen17.jpg
帰りの切符も、車内で買いました。
ouusen18.jpg
帰りの列車も、719系2両編成です。

板谷、峠の各駅に行くことができてよかったです。
これで、福島県内のJR在来線は、全線踏破です。
私鉄線も乗る予定です。
よかったらこちらをクリック
福島県ランキング
福島県ランキング

乗りつぶせ福島県 東北本線②

福島県の鉄道路線 乗りつぶしの旅
東北本線②
kuroiso01.jpg
青春18切符を使って、福島県内の路線を乗りつぶす列車旅。
banetusaisen51.jpg
5日目の旅 8月17日は、水郡線で棚倉に行ってから、東北本線の黒磯まで行きます。
kuroiso18.jpg
棚倉では、棚倉城趾、白河では、小峰城を見学します。
kuroiso17.jpg
福島県内の東北本線で、乗っていなかった郡山から黒磯まで乗ります。

水郡線で戻ってきてから、安積永盛で乗り継ぎです。
車両は、701系4両編成です。
kuroiso02.jpg
須賀川、郡山市の隣で、いろいろおもしろいことをやっています。
kuroiso03.jpg
特撮の円谷監督の生まれた町で、ウルトラマンの町です。
kuroiso04.jpg
鏡石、小さな町ですが、新しい住宅街があります。
kuroiso05.jpg
矢吹、交通の要衝の町です。
kuroiso06.jpg
泉崎、小さな村です。
kuroiso07.jpg
久田野、白河市内に入りました。
kuroiso08.jpg
白河、ここで下車して、駅から近い小峰城を見学しました。
白河は、城下町です。
1時間後にまた上り列車に乗ります。
E721系6両編成。
kuroiso09.jpg
新白河、新幹線への乗り換え駅です。
東北本線は、同じホームが6番線と7番線になっています。
kuroiso10.jpg
先に進んだ6番線の列車が黒磯行きです。
E531系5両編成。
kuroiso11.jpg
白坂、福島県内最後の駅です。
kuroiso12.jpg
豊原、栃木県に入りました。
kuroiso13.jpg
黒田原、那須町の駅です。
kuroiso14.jpg
高久、新幹線と併走します。
kuroiso15.jpg
黒磯、宇都宮方面は、乗り換えです。
kuroiso16.jpg
昔は、東北本線の特急列車が停まる駅で、賑わっていました。
今は、新幹線の線路の下ですが、停車駅ではないので、乗降客は少ないです。

タッチアンドゴーで、折り返しの下り列車で帰りました。
これで、青春18切符は、使い切りました。
この後、JR山形線と私鉄各線をどうするか、検討中です。
よかったらこちらをクリック
福島県ランキング
福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR