会津山塩で味わいを引き出した「山塩ようかん」

福島県北塩原村、「会津山塩ようかん」を紹介します。
yamasio06_20190624202932b11.jpg
会津山塩は、以前にも紹介しました。
北塩原村大塩の温泉水を薪窯で煮つめて作った塩です。

大塩温泉は、「グリーンタフ」と呼ばれる地層に残留した太古の海水の溶存成分が、高温の地下水に溶け出して源泉となったものです。
長い年月でその溶存成分は、高度に変質し、海水に比べ塩素イオンが少なく、硫酸イオンが多くなっています。
これが、会津山塩の風味のもとになっています。
yamasio01_20190624202925970.jpg
約1200年前、この地を訪れた弘法大師(空海)が護摩を焚き続け、17日目に岩から強い食塩泉が湧き出したと言われています。
村人は、これを製塩し、江戸時代には、藩へ納め、明治期には、皇室にも献上されました。
yamasio02_20190624202926f6f.jpg
その後、塩の専売制度などにより、製塩は、中止されていました。
平成19年、12名の出資者により「会津山塩企業組合」を設立。本格的な会津山塩の製造が始まりました。
平成29年、工場並びに社屋を移転し生産量を増やしています。

会津山塩は、生産量が少ないため取引件数が限られています。
そこで正式に「会津山塩の使用と販売」を確認しあった事業所とは「覚書」を取り交わします。
さらに、基準通りに「会津山塩」が使われている商品には「認定シール」が貼られています。
これは、類似品や未認定商品との区別をするためです。
yamasio03_20190624202927046.jpg
山塩ラーメンや、山塩まんじゅうなどは、会津の各地で、販売提供しています。
それぞれの店が覚書を取り交わしているということです。

会津山塩企業組合が販売元になっている商品もいくつかあります。
yamasio04_20190624202929e09.jpg
道の駅や、ホテルの売店、みやげ店などで売っています。

今回、紹介するのは、「山塩ようかん」です。
yamasio05_20190624202930816.jpg
1箱3本入りで、540円です。
棒の形で、紙をむいて食べるので、べたべたしなくて、食べやすいです。
山塩のしょっぱさがあり、こくがあって、うまみがあります。
おだやかな甘さで、小豆の味が引き立ちます。
おいしい塩ようかんという味です。
yamasio07.jpg
会津山塩のちょっとしょっぱいスイーツを食べてみませんか。
会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

伊佐須美神社の鳥居下、福林亭で、できたて「あわまんじゅう」

福島県会津美里町高田、伊佐須美神社の鳥居の下に、「お休み処 福林亭」があります。
ここで作って売っている、あわまんじゅうを紹介します。
kaikatei01.jpg
あわまんじゅうは、柳津町の名物お菓子だと思っていましたが、会津美里町で、作って売っている店を見つけました。
伊佐須美神社の大鳥居の下に、「お休み処 福林亭」があります。
神社の参道にありそうな、普通の和菓子の店なのですが、まんじゅうを蒸して売っているようなので、以前から気になっていました。
店をのぞいてみると、蒸しているのは、あわまんじゅうでした。
kaikatei02.jpg
店の真ん中に蒸し器があって、その上に並んでいるのは、あわまんじゅう6個入りパック、500円です。
kaikatei03.jpg
愛想のよい店のおばさんに、できたて温かいあわまんじゅうを取ってもらいました。
kaikatei04.jpg

ここは、福林亭という店で、店頭で、あわまんじゅうを蒸して売っています。
ラベルには、小林開花堂とあります。
kaikatei07.jpg
小林開花堂は、会津美里町高田の商店街にあるお菓子屋さんです。
まんじゅうや、だんごを作って売っています。
kaikatei05.jpg
あわまんじゅうが6個で500円は、安いです。
ほかの店のあわまんじゅうより、大きいです。
よく見ると、大きさや形がちょっと違います。手作り感があります。
kaikatei06.jpg
下の方からあんこがはみ出すほど、こしあんがたっぷりです。
粟のつぶつぶ感がありますが、餅は、薄いです。
こしあんは、ややしょっぱくて、甘すぎなくて食べやすいです。
柳津町の店のあわまんじゅうとは、ちょっと違いますが、このおいしさは、ありです。

おいしいあわまんじゅう探しの旅は、続きます。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

やさしい塩味、限定販売「山塩あわまんじゅう」

福島県北塩原村、会津山塩を使った「山塩あわまんじゅう」を紹介します。
yamasiomanju06.jpg
会津山塩は、北塩原村大塩の温泉水を薪窯で煮つめて作った塩です。
地下水に溶けた太古の海水から作った山塩は、海水から作った海塩とは、成分が違い、味も違います。
それは、やさしい塩味で、素材の味を引き立たせます。
海水の半分の塩分濃度の温泉水から塩を作るには、燃料も手間もかかります。
北塩原村大塩地区に、製塩工場を作り、そこで生産された塩を「会津山塩」ブランドとして売り出しています。
yamasiomanju04.jpg
「あわまんじゅう」は、柳津町の名物のあわを使ったお菓子です。
小池菓子舗のあわまんじゅうと、会津山塩がコラボしてできたのが、「山塩あわまんじゅう」です。
yamasiomanju02.jpg
普通のあわまんじゅうと、桜あわまんじゅうは、柳津町の店で売っていますが、この「山塩あわまんじゅう」は、店では、売っていません。
毎年この時期に行われる、「会津米沢街道歴史ウォーク」のゴール地点での限定販売です。
10個入りで1080円です。
yamasiomanju03.jpg
歴史ウォークに参加すると、歩いている途中で、山塩あわまんじゅうをもらえます。
そして、ゴール地点で、箱で買うことができます。

その味は、
yamasiomanju05.jpg
やさしい甘さのつぶあんの外側が、やわらかい餅になっていて、表面につぶつぶ食感のあわが付いているのは、普通のあわまんじゅうと同じです。
山塩の味は、やさしい塩味で、あんことあわの風味が引き立ちます。
普通のあわまんじゅうよりおいしいです。

ネットで調べてみたら、東京の「まるごとにっぽん 1Fにっぽん食市場」で、売っているようです。
会津や柳津町の店で売っていないのが残念です。
来年の歴史ウォークまで、待つしかないのかなあ。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング