地元のお母さんの手作りの味「道の駅にしあいづ レストラン櫟」

福島県西会津町、「道の駅にしあいづ レストラン櫟」を紹介します。
hudonburi01.jpg
会津地方から新潟県に向かう国道49号線沿い、磐越自動車道西会津IC近くに、「道の駅にしあいづ」があります。
新潟から福島方面への西の玄関口になっていて、「人・食・文化のターミナル」となっています。
物産コーナー、レストラン櫟(いちい)、沖縄宮古島コーナーなどがあります。
hudonburi07.jpg
レストラン櫟は、2か所に分かれています。
向かって右の建物のレストランでは、ラーメン、定食などを提供しています。
左側のレストランでは、そばや丼など、地元のお母さんの手作りの味が楽しめます。

今回は、地元のお母さんの味を楽しむことにしました。
「車麩の煮込み丼」710円
hudonburi02.jpg
車麩は、西会津町で作っている麩(ふ)です。
バームクーヘンのように、棒のまわりにくっつけて焼いた麩で、直径10cmぐらいあります。
それを輪切りにすると、ドーナッツのような形になります。
麩なのですが、とんかつのように、衣を付けて、揚げたのが、麩カツです。
hudonburi01.jpg
タマネギと煮込んで卵とじにすると、見た目は、かつ丼です。
食べてみると、
hudonburi04.jpg
やわらかい麩です。
もちろん、肉の歯ごたえはありませんが、つゆの味がしみていて、おいしいです。
低カロリーで、ご飯に合う丼のおいしさが楽しめます。
地元の車麩を使ったアイディア商品です。

「和風かき揚げラーメン」650円
hudonburi03.jpg
ひそかに人気です。と、メニューにあったので、注文しました。
hudonburi05.jpg
つゆの上にタマネギのかき揚げ、白きクラゲ、のりがのっています。
見た目は、天ぷらそばですが、中華麺です。
hudonburi06.jpg
スープ(つゆ)の味は、甘いしょうゆ味で、そばつゆに近いです。
そのつゆが、ラーメンと合います。
ラーメンと天ぷらは、意外な組み合わせですが、和風味でおいしいです。
このアイディア、おいしさは、ありです。

ほかにも、天丼や薬膳カレーなど、食べてみたいメニューが、いろいろあります。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

大当たり、ヤマザキ 秋のプレゼントは、大箱いっぱい

ヤマザキ 秋のわくわくプレゼントで、お菓子の詰め合わせが、当たりました。
yamazaki03.jpg
先日、注文していない荷物が届きました。
たて20cm、横30cmほどの、大箱の表には、「お菓子詰め合わせ」の文字が。

10月に応募した、ヤマザキからのプレゼントでした。
yamazaki01.jpg
台風接近の予想が出たとき、非常用に買った、ヤマザキのパンに付いていた点数シールを貼って、応募しました。
Aコースは、ディズニーランド、Bコースは、キャンプ用品だったのですが、
当たり数の多いCコースにしました。
yamazaki02.jpg
30000名と言っても、全国レベルなので、無理だろうと思って、忘れていました。

突然の配達に、びっくり。
箱を開けてみると、
yamazaki05.jpg
大箱いっぱいにお菓子が入っています。
どれも、小袋ではなく、普通サイズです。
yamazaki04.jpg
ヤマザキの宣伝もあるのでしょうが、こんなにたくさん、プレゼントするなんて、太っ腹だと思います。

箱から出して、並べてみました。
yamazaki06.jpg
ヤマザキ、不二家、トーハトなど、ヤマザキグループの商品が、22点ほど入っていました。
店頭で売っている値段で計算すると、5000円分ぐらいあります。

さらに、段ボールの箱を、切って折って組み立てると、
yamazaki07.jpg
ステキな「お菓子の家」が、できました。

お菓子の家の中には、甘いお菓子を、
別の箱には、しょっぱいお菓子を入れました。
少しずつ食べます。

一足早いクリスマスプレゼントのようです。
ヤマザキさん、ありがとう!
よかったらこちらをクリック

グルメランキング

ほろ苦さとカレーが絶妙にウマイ!「ピンピンころりカレー」

福島県会津美里町、おたね人参入り「ピンピンころりカレー」を紹介します。
pinkare01.jpg
おたね人参は、朝鮮人参、高麗人参とも呼ばれている薬草です。
韓国や中国で、多く栽培されていますが、日本でも、江戸時代から栽培が始まり、福島県会津地方、長野県、島根県の3カ所で、現在でも栽培されています。

会津地方では、会津若松市、喜多方市、会津美里町などで栽培されていて、道の駅や、農産品直売所で売っています。

おたね人参を入れて作ったのが、「ピンピンころりカレー」です。
pinkare02.jpg
「ピンピンころり」とは、
会津には、「会津ころり三観音めぐり」という信仰があり、三つの観音様をお詣りすると、長患いすることなくコロリと極楽往生できるとされています。
そのうちの一つ、中田観音が、会津美里町にあります。
pinkare03.jpg
ピンピンころりと生きられるよう願いを込め、おたね人参を贅沢に使ったカレーを作りました。

会津美里町のイメージキャラクターは、「あいづじげん」です。
pinkare07.jpg
この大きな「あいづじげん」があるのは、複合施設「じげんプラザ」です。
町役場、公民館、ホールなどが、一つの建物の中に入り、2019年6月にオープンしました。

じげんプラザの中に、会津美里町の物産を販売しているコーナーがあり、そこで、「ピンピンころりカレー」を見つけました。
pinkare06.jpg
700円は、レトルトカレーとしては、やや高いです。

普通に温めて、試食です。
pinkare04.jpg
色が濃いです。
黄色いカレーの色ではなく、ハヤシに近い色です。
pinkare05.jpg
辛くないけど、スパイシーで甘さがあります。
野菜の形は、ほとんどなく、牛肉と、おたね人参スライスが具になっています。
おたね人参を食べると、そのほろ苦さが口の中に広がり、カレーのスパイスと合わさって、絶妙にウマイです。
体が温まり、元気が出てきます。

ピンピンころりカレーは、10月に、東京で発表、発売が行われたようです。
会津地方では、会津美里町高田の美里蔵で売っています。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
リンク
QRコード
QR