ラーメンスープで味付け「喜多方ラーメンせんべい」

福島県喜多方市、山中煎餅本舗の「喜多方ラーメンせんべい」を紹介します。
tamarisenbei01.jpg
喜多方市と言えば、ラーメンの町と言われるほど、ラーメン店が多く、訪れるお客さんも多い町です。
ラーメン店が多いのは、もちろんですが、ラーメン味の食べ物もいろいろ出ています。
このラーメンせんべいも、珍しいお菓子の一つです。

山中煎餅本舗は、喜多方市内にある老舗のせんべい屋さんです。
創業は、明治33年で、一枚一枚、職人の手によって焼き上げられます。
レンガ窯の炭火は、赤々とせんべいを内側から熱し、風味を逃しません。
原材料を吟味し、蔵の街喜多方ならではの味を伝えてゆきたい、そんな願いから生まれました。
tamarisenbei05.jpg
せんべいの炭火焼き体験も行っていて、できたてのせんべいは、おいしいだろうなと思いますが、まだやっていません。
今回は、袋入りで買ったせんべいを紹介します。

喜多方ラーメンせんべい
tamarisenbei04.jpg
喜多方ラーメンの味(しょうゆラーメン)です。
tamarisenbei08.jpg
個包装になっているので、しけらないでおいしく食べられます。
tamarisenbei02.jpg
ラーメンのスープや香辛料が、しっかり入っていると言うか、塗ってあります。
tamarisenbei09.jpg
せんべいの形は、蔵の形です。
手焼きですが、薄いので、ラーメンスープの味がよくしみています。
コショウがきいていて、いいアクセントになっています。

たまりせんべい
tamarisenbei03.jpg
山中煎餅本舗のメインのせんべいです。
tamarisenbei06.jpg
大きめの手焼きせんべいで、1枚ずつ個包装になっています。
tamarisenbei07.jpg
これも薄いので、しょうゆの味がよくしみこんでいます。
しょっぱさと、コクがあって、しっかりした味です。
薄いので、しょうゆの味が感じやすいです。

食べていないせんべいが、あるのと、手焼き、焼きたてを食べてみたいので、一度、店に行ってみたいです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

シンプルなおいしさ 湖南町「mogu・mogu」

福島県会津若松市、JA会津よつば ファーマーズマーケット「まんま~じゃ」で売っている「mogu・mogu」のお菓子を紹介します。
mogumogu03.jpg
JA会津よつば ファーマーズマーケット「まんま~じゃ」には、小さな店で作った、おいしそうなお菓子が売っています。
先日見つけたのが、「mogu・mogu」のお菓子です。
mogumogu01.jpg
以前は、気付かなかったのですが、バレンタイン用の詰め合わせでしょうか。
かわいい袋に入った焼き菓子が並んでいました。
チョコとナッツを使ったお菓子が3点入っています。
mogumogu02.jpg
どこで作っているのかを見てみると。
郡山市湖南町の小山香純 mogu・moguと書いてあります。
お菓子屋さんなのか、個人なのか。
湖南町と言えば、小さなパン屋さんや、名物かりんとうの店があります。

mogu・moguは、福島県郡山市、布引高原(風力発電)のある湖南町の工房で菓子製造しています。
磐梯山や猪苗代湖に囲まれ、会津の文化も交じる湖南町の素晴らしい自然のもとでニワトリ、アヒル、ヤギさんたちと共に暮らし、季節のフルーツや良質な食材、会津坂下町Gaizu信さんの会津地鶏の平飼い卵をメインに(我が家の鶏・アヒルの卵や他の国産卵も使います)シンプルな美味しさを求め、せっせとお菓子作りに励む毎日です。
今のところ、無店舗のため予約の販売が主体です。(1週間位前まで)

と言うホームページの説明です。
常設店舗は、ないと言うことで、まんま~じゃで買うのがいいようです。
袋詰め3点セットのほかにも、クッキーなどが並んでいました。

クッキー 3枚入り
mogumogu06.jpg
アーモンドが入っていて、薄く焼いたクッキーです。
クッキーと言うより、せんべいのような薄さです。
パリパリしていますが、口の中で溶けます。
甘くて食べやすいです。

ショコラケーキ
mogumogu04.jpg
個包装で袋に入っていますが、シンプルでいいです。
mogumogu07.jpg
クルミがゴロゴロ入っています。
チョコも、ココアもたくさん入っていて、濃厚な味。
しっとりしているケーキです。
小さいですが、濃厚なので、一度に食べるのには、ちょうどいい量です。

ナッツチョコ
mogumogu05.jpg
大きく作って、小さく切った形です。
mogumogu08.jpg
手作り感満載。
アーモンド、カシューナッツ、クランベリーなどが、ゴロゴロ入っていて、チョコで固めてあります。
チョコよりも、ナッツの味と食感を楽しむという感じです。

今回は、焼き菓子でしたが、生ケーキも作っているようです。
包装や見た目は、素人っぽいですが、作り方は本格的で、おいしいです。
機会があれば、違うお菓子も食べてみたいです。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

会津落花生で作った「会津ピーナッツモチモチ2色クリームパン」

福島県会津若松市、會マチエールの「会津ピーナッツモチモチ2色クリームパン」を紹介します。
pinatupan03.jpg
會マチエールは、会津若松の伝統野菜や果物などの食材をふんだんに使った、ヘルシーな目新しい創作パンを提供しているパン屋です。
「會マチエール」とは、「アイマチエール」と読みます。
「會」は、会津藩の旗印、「マチエール(matiere)」とは、フランス語で原料や素材という意味です。
直訳すると「会津の食材」となります。
pinatupan02.jpg
會マチエールのパンは、直営の店舗だけでなく、会津若松市内の産直店やスーパーなどでも売っています。
今回は、JA会津よつば ファーマーズマーケット「まんま~じゃ」で買いました。
pinatupan01.jpg
袋の中に、雪だるまのようなパンが入っています。
まんじゅうぐらいの大きさで、2つ入っているように見えます。

袋から出すと、
pinatupan04.jpg
2つのまんじゅう形のパンは、つながっています。
つなぎ目で切ると、中のあんが見えます。
1個がピーナッツクリームで、もう1個は、チョコクリームです。
pinatupan05.jpg
2020.9月から始めた試作を始め、2020.12.8(火)に販売を開始しました。
ピーナッツクリームは、喜多方市おくやピーナッツ工場で作ったピーナッツバターと、会津牛乳で作りました。
チョコクリームは、会津牛乳をベースにカカオ70%以上チョコレートを使い甘さ控えめにしたビターチョコミルククリームです。

レンジで20秒温めますとクリームがとろ~り・・・と書いてあったので、温めて食べました。
2個くっついた形は、落花生の形でしょうか、かわいいです。
米粉が入ったパンは、薄くてもちもちです。
ねっとりしたピーナッツクリームは、なめらかな舌ざわりで、塩味がきいています。
ピーナッツの粒も入っていて、香ばしい味です。
甘すぎないチョコクリームの中にも、ピーナッツの粒が入っています。
新しい味のクリームパンです。
會マチエールのホームページは、こちら

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR