温泉に入って山都そば「いいでのゆ くろもり亭」

福島県喜多方市山都町
「いいでのゆ くろもり亭」の新そばを紹介します。
iidenoyu112801.jpg
「いいでのゆ」は、喜多方市内から車で30分ぐらい、飯豊山の登山口に近い一ノ木地区にある温泉施設です。
喜多方市が運営する3つの温泉施設の内の一つで、入館料500円、3施設共通の回数券が使えます。
「ふれあいランドたかさと」「道の駅喜多の郷」は、行ったことがあったので、今回は「いいでのゆ」に行ってみました。
iidenoyu112802.jpg
川沿いに集落がある一ノ木地区の奥の方に、ぽつんと「いいでのゆ」があります。
斜面に建っている建物で、真ん中が玄関と広間、低い所に風呂、高い所に宿泊施設があります。
iidenoyu112803.jpg
あまり大きくない施設で、カウンターで受付をすると、すぐ広間やレストランがあります。
初めにゆっくり温泉に入ることにしました。
img_020.jpg
いいでのゆでは、大浴場に2種類のお湯を用意しております。
源泉そのままと源泉をろ過した無色のお湯があります。
・・・と言うことで、サウナなどはありませんが、いいお湯で、お客さんが少なかったので、気持ちよく入れました。

風呂から上がって、大広間で休憩して、隣のレストランで料理を注文します。
iidenoyu112804.jpg
写真付きのメニューがあって、券売機でチケットを買います。
iidenoyu112805.jpg
メインは、十割手打ちそば(山都そば)ですが、カレー、ソースカツ丼などもあります。
初めての店なので、おすすめのメニューにしました。

そば御膳 1270円
iidenoyu112806.jpg
レストランにいす席がありますが、広間の座敷でも食べられます。
ざるそば1/2、そばがき、天ぷら、山菜おろし、温泉卵、そばの実入りご飯、漬け物です。
iidenoyu112807.jpg
白いそばです。
全体的には、細いですが、不ぞろいの太さです。
こしが強くて、かむとモチモチした粘りを感じます。
そばの甘味、味があって、おいしいです。
甘くないつゆが、そばの甘さを引き立てます。
iidenoyu112809.jpg
固めのご飯の中に、そばの実が入っています。
よくかんで食べると香ばしい味がします。
iidenoyu112808.jpg
やや甘めのだしが効いた汁に、フワフワのそばがきが入っています。
やわらかい感じで、おいしいです。
iidenoyu112810.jpg
ここの名物の温泉卵です。
ちょうどいい固まり具合で、ご飯と一緒に食べました。

おろしそば 980円
iidenoyu112811.jpg
冷たいつゆがかかっていて、大根おろしと、鰹節がのっています。
こしの強いそばが、ぶっかけで楽しめます。
温泉で温まった後には、冷たいそばもいいです。

山奥と言うほどではありませんが、町からは遠いので、お客さんは少ないようです。
温泉に入って、おいしいそばを食べるのには、いい所です。
宿泊して湯治をするのもいいかもしれません。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

身近にあった水ようかん「達沢不動滝 水ようかん」

福島県猪苗代町
日乃出屋の水ようかんを紹介します。
hinodeyayoukan01.jpg
日乃出屋は、猪苗代町中ノ沢温泉にある和菓子の店です。
天ぷらまんじゅうや、笹だんごが有名でおいしいです。

先日、道の駅猪苗代に行ったとき、店内を見ていたら、「一枚流し羊羹」を見つけました。
これは、作りたての水ようかんです。
初めて見たので、どこで作っているのかと思ったら、日乃出屋でした。
hinodeyayoukan02.jpg
一枚流しとは、箱に直接流して固めた水ようかんです。
ふたを開けると、切れていないようかんが、すっぽり入っています。
以前、会津若松市の松本家の水ようかんを買って食べましたが、作り方は同じです。
あんこ好きの自分としては、食べてみなくてはと思い、買いました。
hinodeyayoukan04.jpg
日乃出屋のInstagramによると、
北海道産特選小豆100%自家製こしあんと、徳島県産和三盆のスッキリとした甘さが大好評です。
国産高級糸寒天の上品な口どけが美味です。
毎朝、朝イチで作ります。
と言うことで、夏のお菓子として、気合いを入れて作っているようです。

今回は、11月19日の道の駅猪苗代の周年祭で見つけたので、秋になってもまだ作っているということが分かりました。
一枚流し「達沢不動滝 水ようかん」648円
hinodeyayoukan03.jpg
きめ細かいこしあんです。
和三盆を使っているので、ほんのり甘く、小豆の味もあっさりしています。
一度にたくさん食べられるおいしさです。

あんこ製品がおいしい日乃出屋です。
冬になっても作るのでしょうか。
時々チェックしなくては。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

猪苗代新そばめぐり第4弾「天蕎庵」

福島県猪苗代町
「会津の蕎麦屋敷 天蕎庵」の新そばを紹介します。
tenkyouan11.jpg
猪苗代町は、11月1日から新そば月間になりました。
10月に発売された新そば券でおいしいそばがお得に食べられます。

第4弾は、「会津の蕎麦屋敷 天蕎庵」です。
この店は、猪苗代町の北の方県道7号線沿いにあります。
昼は「蕎麦茶屋」、夜は「蕎麦酒房」つなぎ無しの本格手打ち蕎麦を提供しています。
今回は、昼から日本酒でそばをいただくことにしました。
tenkyouan12.jpg
店内は、黒い家具でレトロな雰囲気です。
BGMは、ジャズです。
tenkyouan13.jpg
こんな雰囲気ですが、提供している蕎麦は、十割で手打ちです。
地元猪苗代産「会津在来」の石臼挽きと、南会津産「会津のかおり」のロール挽きのブレンドです。
こだわりの会津十割手打ち蕎麦です。
tenkyouan14.jpg
メニューは、冷たいそば、温かいそば、いろいろあります。
天ぷらもりそばと、地鶏そばを注文することにしました。
tenkyouan15.jpg
銘酒を飲みたかったのですが、コロナの影響で置いてないということでした。
しかたなく、稲川の冷や酒にしました。

初めに酒が来ました。
tenkyouan16.jpg
1合のお銚子に、そばかりんとうが付いています。
稲川は、米の香りで甘口です。
ちびちびやりながら、そばをすすります。

天もりそば 1500円
tenkyouan17.jpg
そばつゆは、お代わりがあって、天つゆは別になっています。
tenkyouan18.jpg
そばは、濃いめの色で、細いです。
コシが強いですが、固いと言うよりは、粘りがあってモチモチしています。
十割で、ぼそぼそ感がないのは、手打ちの技術の高さでしょう。
そばの甘味が、きりっとしてしょっぱめのつゆとよく合います。
tenkyouan19.jpg
天ぷらは、えび、かぼちゃ、まいたけ、なす、ブロッコリーです。
野菜が大きく切ってありますが、火が通っていて、やわらかくておいしいです。
衣は、表面がカリッと揚がっていて、中はふんわりです。

地鶏そば 1300円
tenkyouan20.jpg
冷たいそばに、温かいつけ汁が付いています。
鶏とねぎの味が相まって、おいしいつゆです。
ちょっとしょっぱいですが、そば湯で割るとちょうどよくなります。

おいしい地酒を飲めなかったのは残念でしたが、そばは、おいしくいただきました。
カウンターにウイスキーのボトルは並んでいましたが、夜の部は、営業していないようです。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR