おいしい新そば味くらべ「山都新そばまつり」

10月、新そばの季節です。
会津で最初の新そばまつり、「第35回山都新そばまつり」を紹介します。
yamatosoba01.jpg 
福島県喜多方市山都(やまと)は、そばの栽培が盛んです。
10月13日・14日に、会津地方で最初の新そばまつりが行われました。
さっそく行ってみました。
会場は、山都の商店街の「山都みちくさ通り」です。
車両を通行止めにして、たくさんのテントで店が並びました。
yamatosoba17.jpg 
歩いて5分ぐらいの所に、駐車場があるので、車で行っても安心です。
初日は、開会式が行われました。
yamatosoba02.jpg 
メインは、そばの店で、9軒あります。
yamatosoba03.jpg 
それぞれの店の紹介が、パネルとちらしで出ています。
yamatosoba18.jpg 
各店共通チケットとして、かけそば、または、もりそばが600円です。
チケット売り場が、数カ所あって、そこでチケットを買うと、ちらしとスタンプラリーのカードがもらえます。
新そばまつりのスタンプラリーは、おもしろそうです。
チケットを買って、お目当ての店に並びます。
yamatosoba04.jpg 
最初は、「宮古そば」です。
もりそばを注文しました。
yamatosoba05.jpg 
器は、各店共通です。
食べる場所は、テーブルといすがあって、待たずに座れました。
宮古そばは、ちょっとかたくてこしがあるのが、特徴です。
十割そばで、ここまで粘りがあるか、という歯ごたえです。

次は、山都そば処「萬長」です。
yamatosoba06.jpg 
チケットに200円たして、鴨南蛮にしました。
yamatosoba07.jpg 
そばは、やわらかめですが、甘味があっておいしいです。
つゆは、鴨とねぎの味がよく出ていて、おいしいです。

3番目は、会津山都蕎麦「蕎邑」です。
yamatosoba08.jpg 
いろいろありましたが、もりそばです。
yamatosoba09.jpg 
そばは、細く切ってありますが、こしがあって、粘りがあって、かむと甘味とそばの味がわかるおいしいそばです。
つゆは、かつおのだしがよくきいています。

4番目は、「そば伝承館」です。
yamatosoba10.jpg 
かけそばと、天ぷら500円です。
yamatosoba11.jpg 
そばの甘味、うまみがありおいしいです。
つゆは、だしがきいています。
天ぷらは、食べ応えがあり、まんじゅうの天ぷらも入っていました。

そばの店の中には、「県立耶麻農業高校」もあって、生徒がそばうちの練習をして、出店したということで、頑張っていました。お客さんが一番多かったのは、この高校生の店です。

そばの店のほかにも、たくさんの地元の店が出ていました。
yamatosoba12.jpg 
「刀根早生柿」(とねわせがき)は、地元で栽培している渋柿の渋抜きで、甘くておいしいです。
6個で、200円は、安いです。
yamatosoba13.jpg 
「小野豆腐店」の青ばたとうふ、豆の味がしておいしいです。
1丁200円。
yamatosoba14.jpg 
「伊藤商店」のコーヒー、300円。
濃くいれたコーヒーで、おいしかったです。
yamatosoba15.jpg 
「MINA KIKAKU」の、ひのきプレート。
ひのきの板に、レーザーで線画をかいたもので、木の香りがすてきです。
yamatosoba16.jpg 

天気がよくて、おいしく、楽しめる新そばまつりでした。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

会津鶴ヶ城で行われた「會津十楽」は、おいしい!楽しい!

会津若松市の鶴ヶ城本丸で開催された「會津十楽 秋の陣」を紹介します。
juuraku02.jpg 
戦国時代に若松城をつくった蒲生氏郷(がもううじさと)は、織田信長の“楽市”をさらに発展させた「十楽」という制度を城下に敷き、経済・文化振興を図りました。
この制度を再現する物産イベントが、「會津十楽」です。
サムライシティプロジェクト実行委員会が、鶴ヶ城内やまちなか等で「會津十楽」を開催し、歴史的な背景を含めた新たな観光資源とし、県内外に「会津南蛮文化」を発信する事業を展開しています。
数年前から、春と秋に開催している「會津十楽」ですが、平成30年 秋の陣は、9月24日が最終日でした。
juuraku01.jpg 
おいしかった物を中心に紹介します。

①「もっきり」
会津のめずらしい日本酒を、もっきりで出す店です。
最初は、特別値段の「純米吟醸 飛露喜」500円。
めったにお目にかかれない、貴重な酒です。
juuraku03.jpg 
香りがよく、すっきりしていてこくがあり、雑味がなくてうまい。
値段が高いだけでなく、品物が流通していない。
期待を裏切らない酒です。

次は、「純米酒 薫鷹」(くんたか)300円。
初めて見ました。
juuraku04.jpg 
樽の香りがします。米の味があり、純米酒らしい味です。
会津若松市の石橋酒造場でつくっています。

「純米酒 宮泉」300円。
juuraku05.jpg 
甘味あり、酸味はあまりない。これも純米酒らしい味。

「ホワイトビール ヒューガルデン」500円。
juuraku06.jpg 
香りがよく、あっさりした味でおいしいビールです。

②「南蛮茶屋」
みそ田楽は、ごはんをかためたものに、みそをつけて焼きました。
里いもも、おいしいです。
juuraku07.jpg 
牛もつ煮こみ+煮たまごは、やわらかくておいしいです。
juuraku08.jpg 

③「南蛮問屋」
すっきり甘くておいしい、冷やしあまざけ。
juuraku09.jpg 

④「南蛮屋」
ネックレスやイヤリングなどのアクセサリーを作って売っています。
juuraku10.jpg 
会津木綿で、なすの形のイヤリングがすてきでした。
juuraku11.jpg 

⑤「華葵」民謡・お囃子
juuraku12.jpg 
お囃子の後は、「会津磐梯山」の踊りで、ちょっと盛り上がり。


鶴ヶ城の本丸広場でやっている「會津十楽」ですが、お客さんは、あまり多くなく、ゆっくり楽しめる市場です。
次回は、来年の春になってしまいますが、楽しみにしています。

会津でのお泊まりは、こちらへどうぞ↓

福島の物産は、こちらからどうぞ↓
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

会津のイイもの!ウマイもの! 会津まつり「藩公祭市」

9月23日、会津若松市の会津まつりに合わせて行われた「藩公祭市」を紹介します。
会津商工信用組合(あいづしんくみ)が、会津若松市の神明通り近くの駐車場で開催した市場です。
sinkumi01.jpg 
市場は、会津まつりの藩公行列の9月23日、9:00~15:00の開催でした。
行列が通過した後に、行ってみましたが、多くのお客さんでにぎわっていました。
sinkumi02.jpg 
1年に1回、会津まつりの日に開催されるので、次回は、来年の9月です。
会津地方各地から、イイもの、ウマイものが集まっています。

買って食べてみた店を紹介します。
①かわちやグループ
柳津町と会津若松市七日町に店があります。
sinkumi03.jpg 
かつぎょうざサンド 500円を食べました。
メンチカツが、ぎょうざになっているようなもので、おいしいです。

②会津つめっこ本舗
そば粉で作った、そば焼きもちです。
sinkumi041.jpg
中身は、いろいろあります。
きのこと、なすを食べましたが、もちもちした皮に、いい味の具が入っていておいしいです。
sinkumi052.jpg 

③焼肉丸忠
桜モツ焼肉です。
sinkumi06.jpg 
馬肉のモツ焼きです。やわらかくて、いい味です。
店では、お総菜や弁当を売っています。

④高砂屋商店
会津坂下町の日本酒「泉川」を飲みました。
sinkumi071.jpg 
会津坂下町の日本酒5種を売っていました。
「泉川」は、「飛露喜」を作っている廣木酒造のブランドです。
売っている店が、なかなかないというレアものです。
紙コップ1杯、400円で飲めたのは、ラッキーです。
純米吟醸は、香りがよくてうまいです。
sinkumi081.jpg 
高砂屋は、酒よりも、漬け物がメインの店です。
こちらで売っています↓


⑤會ベーグル
会津若松市に店があって、ベーグルを作って売っています。
sinkumi091.jpg 
ベーグルは、ゆでてから焼いているパンです。
もちもちした食感が特徴です。
プレーンもありますが、いろいろな物を混ぜ込んでいる物があります。
sinkumi102.jpg 
トマトバジルと、いちじくを食べました。
おいしいです。
こちらで売っています↓

⑥会津たらちね
里いもコロッケは、里いものねばりがあって、食感がいいです。
sinkumi11.jpg 

会津には、おいしいものがたくさんあります。
藩公祭市では、人が多く混雑していたので、それぞれの店舗にゆっくり行ってみたいです。
よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング