食べたくなるネーミング「スペシャルアイスクリーム」

道の駅猪苗代のテナント、BANDAI  SNOW  DOGSの「スペシャルアイスクリーム」を紹介します。
sunoudogu04.jpg
福島県猪苗代町、越自動車道猪苗代磐梯高原インターチェンジを降りてすぐの所に、道の駅猪苗代があります。
猪苗代の農産物と加工品、猪苗代の土産品、伝統工芸品をはじめとした会津の玄関の役割を意識した商品を売っています。
また、洋食系レストラン、ラーメン系レストランもあります。
その食事スペースの一角に、テナントが2店あります。
その一つが、BANDAI  SNOW  DOGSです。
sunoudogu01.jpg
この店は、猪苗代湖畔のドッグラン、ドッグカフェの店「Run&Café 磐梯スノーDogs」と同じ店名なので、系列店だと思います。
ドッグランのパンフレットも置いてあります。
しかし、ドッグランの店のホームページを見ても、道の駅のテナント店のことは、紹介されていません。
どういう関係なのかは、不明です。
店の由来はともかく、おいしそうなメニューがいろいろあります。
アイスクリーム、さくらコロッケ、フライドポテト・・・
道の駅店内にカウンターがありますが、店の外、駐車場側にも窓口があるので、外から買って持ち帰りもできます。

この日は、ちょっと暑かったので、「スペシャルアイスクリーム」にしました。
sunoudogu02.jpg
スペシャル・・・食べたくなる魅力的なネーミングです。
イートインも、お持ち帰りも、370円です。
アイスもソースもお好みで選べます。
このへんが、スペシャルでしょうか。
sunoudogu03.jpg
初めて食べるので、無難に「バニラ」。
ソースは、ちょっと変化を付けて「抹茶」。

電子マネーで支払いして、待つこと数分。
カップに盛り付けたスペシャルアイスクリームを受け取ります。
車の中で、ゆっくり食べました。
sunoudogu05.jpg
大きくて薄いクッキー(せんべい)は、スプーンの代わりにはなりません。
パリッと割って、アイスと一緒に食べた方がいいです。
甘くていい香りの抹茶ソースが、たっぷりかかっているので、アイスと混ぜて食べましょう。
波打っているのは、生クリームです。
丸くて大きいのは、お餅アイスです。
その下に、バニラアイスが入っています。
ミニパフェという感じで、違う食感、味が楽しめます。
アイスとソースの組み合わせを変えれば、違う味が楽しめるので、また食べたくなります。
「スペシャルアイスクリーム」と言っていいでしょう。
税込み370円も、手頃な値段です。
道の駅猪苗代に行って、スペシャルアイスクリームを食べてみませんか。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

ミックスジャム作り⑥「亀ヶ城公園に、散歩デビュー」

亀ヶ城公園の芝生広場で散歩デビュー
jamu07091.jpg
6月18日にやってきた、柴とジャックラッセルテリアのミックス(柴ジャック)、名前は、「ジャム」です。
7月1日で、満4ヶ月になりました。

外の散歩に慣れてきたので、猪苗代町の亀ヶ城公園に行きました。
車の中では、キャリーケースに入っています。
キャリーケースの中でも寝るようになったので、車中の環境にも慣れたようです。
亀ヶ城公園は、広い芝生広場があります。
車から出しても、歩き出さないので、抱っこして広場の真ん中へ。

7月9日

広くて開放感があって、気持ちがいい芝生広場ですが、
ジャムは、あまり気が進まないようです。
クンクンしながら、ちょっと歩いては、止まる、またちょっと歩くの繰り返しで、走ることはほとんどありません。
家の中では、元気で素早い動きをするのですが、広い芝生広場は、不安で怖いようです。
愛用のヘチマのおもちゃをくわえても・・・
散歩の場所と回数を多くして、外の環境に慣れさせる必要がありそうです。
7月6日には、リードを引っ張って、道路の散歩をしたのですが、その後、また草のあるところに戻って、行きたいところに行かせています。

室内でのお気に入りの木の棒おもちゃは、ジャムの歯で削られて、小さくなりました。
ジャムも、かじりたいところがなくなって、不満のようです。
そんな状況で、道の駅猪苗代に買い物に行ったら、ちょうどいいものが売っていました。
jamu07102.jpg
そば打ち用のめん棒の切れ端(端材)です。
直径3cmぐらいで、長さは15cm前後で、いろいろあります。
長さに関係なく、値段は、165円だったので、長いものを買いました。
おもちゃ用の木の棒より、ずっと安いです。
ペットのおもちゃにどうぞ!と書いてあります。

7月10日
jam07101.jpg
集成材ではなく、1本の木から作ったようで、接着剤などが入っていないのは、安心です。
木の香りがして、ジャムは、大喜びでガリガリを始めました。

木の材質としては、やややわらかいようで、ジャムの歯で、どんどん削られていきます。
ジャムは、削るのが楽しいので、削った木くずを食べるのが目的ではないのですが、ときどきもぐもぐごっくんしています。
天然木なので、お腹に悪くはないと思いますが、うんちに混ざって出てくるのを注意して見ておきます。
それにしても、食べ過ぎ注意です。

室内での元気を外でも発揮して欲しいジャムです。

よかったらこちらをクリック

MIX小型犬ランキング

福島県ランキング

これは旨い ドライブイン磐尚「豆ずり餅」

福島県猪苗代町、ドライブイン磐尚で作って売っている「豆ずり餅」を紹介します。
mamezurimoti05.jpg
「豆ずり餅」とは、ゆでた枝豆をすりつぶし、砂糖と塩を入れたあんを餅に付けた郷土料理です。
福島県の福島市あたりの県北地方で、昔から作って食べています。
同じような料理を、宮城県では「ずんだ餅」、山形県では「ぬた」と呼んでいます。

各家庭で作る郷土料理の一つですが、作って売っている店もあります。
福島市の廣瀬屋の豆ずり餅は、道の駅や土産品店などで売っています。
会津地方では、食べないのかなと思っていたら、猪苗代町で作って売っている店がありました。
mamezurimoti01.jpg
国道49号線沿い、野口英世記念館の隣の「ドライブイン磐尚」です。
店に行けば、注文して食べたり、買ったりできます。
今回は、リオンドール猪苗代店で売っているのを見つけました。
リオンドールで売るようになったのは、今年7月からのようです。
mamezurimoti04.jpg
地元産(猪苗代産)の、もち米、枝豆を使用しています。
魅力的な説明です。
mamezurimoti02.jpg
原材料は、枝豆、砂糖、塩だけ、添加物なしです。
手作り感満載、買ってすぐ食べたいです。

手頃な大きさの餅が、1パックに4個入っています。
mamezurimoti03.jpg
鮮やかな緑色がきれいです。
豆ずりあんは、つぶれた豆とつぶれていない豆が混ざっています。
ややとろみがある中に、豆の粒々があって、豆の味が楽しめる食感です。
砂糖が入っていますが、甘さ控えめで、塩味が効いています。
甘すぎないので、たくさん食べられそうです。
mamezurimoti05.jpg
もち米を炊いたつきたての餅は、こしがあって、おいしいです。
米粉で作った団子ではないので、固くなる前に、早めに食べたいです。

宮城県のずんだ餅との違いは、豆の粒感と塩味です。
会津若松市あたりでは、見たことがないので、会津地方で作って売っているのは、猪苗代町のドライブイン磐尚だけのようです。
猪苗代町内では、磐尚のほかに、道の駅猪苗代、リオンドールなどで売っています。

これから枝豆がおいしくなる季節です。
磐尚の「豆ずり餅」いかがですか。

よかったらこちらをクリック

ご当地グルメランキング

福島県ランキング

梅雨空に映えるアジサイ「猪苗代町 亀ヶ城公園」

7月9日 福島県猪苗代町、
雲が多い梅雨空が続いています。
kamegajo901.jpg
猪苗代町の亀ヶ城公園は、亀ヶ城跡とまわりを公園として整備したところです。
ひさしぶりに、午前10時頃に公園に散歩に行きました。
西日本では、大雨になっていますが、梅雨のない会津地方も、雲が多い日が続いています。
今朝の最低気温は、18.8度でした。
平年より2.2度高い朝でした。
今日は、雨が降っていませんが、湿度が高くて、じめじめしています。
kamegajo902.jpg
磐梯山の上の方、標高800mから上には、雲がかかっています。
こんな日は、青空は見えませんが、雨も降らない、どんよりした天気が続きます。
kamegajo903.jpg
こんな天気は、人間にとっては、やや不快ですが、植物にとっては、快適のようです。
特にアジサイは、生き生きとしているように見えます。

亀ヶ城公園には、アジサイがたくさんあって、今日のように雨が降っていない日は、見に来る人が多いです。
kamegajo904.jpg
花びらのように見えるのは、ガクのようですが、今がちょうど満開の時期です。
kamegajo905.jpg
花の色は、土の酸性度で変わるとも言われますが、同じ株や近くの株で、色が違うのは、何が原因なのでしょうか。
kamegajo906.jpg
ガクアジサイは、形が違うので、すぐ分かりますが、普通のアジサイは、花の色が違っていた方が、きれいでいいですよね。
kamegajo908.jpg
青色で大きい花(集合した花)って、アジサイとか、ハナショウブとか、多くはないです。
曇り空に似合う色です。
kamegajo907.jpg
今年は、猪苗代町も、梅雨らしい曇り空が続いています。
梅雨明けで暑くなるまでの、つかの間の涼しい日と、涼やかな風景を楽しみたいです。

よかったらこちらをクリック

写真(植物・花)ランキング

福島県ランキング

猪苗代町の地ワイン醸造「ワイン工房あいづ」

福島県猪苗代町「ワイン工房あいづ」(ホンダワイナリー)の、ロゼワインを紹介します。

ワイナリー:猪苗代町ワイン工房あいづ
あいづ醸造ワイン スチューベン2019 ロゼ 720ml
原材料:福島県産スチューベン
アルコール度数:12%
sutyuben01.jpg
購入先:猪苗代町ワイン工房あいづ 1680円
感想:グラスに注ぐと、甘いブドウの香りがただよう。
やや酸味が強く、甘味は少ない。
ブドウジュースのようなフレッシュな味。
すっきりしているので、どんな料理にも合う。
酸味が強く、香りがよい。
濃い味で、ぶどうの味が分かるおいしさです。

ワイン工房あいづは、猪苗代町内のJR猪苗代駅の近くにあり、小売りもしています。
本田さんが、2007年に創業した「地ワイン」の工房で、福島県産のブドウを使い、発酵・熟成の際は主にガラス樽を使用するというこだわりのワインです。
hondawain03.jpg
店内には、多くの種類のワインが並んでいて、本田さんが、ワインの味を説明してくれます。
ブドウの収穫年によっても、ワインの味が変わりますが、ワイン工房あいづでは、ブドウの種類も変えています。
今年は、会津産巨峰を使ったロゼワインも、販売されました。

春に新酒が出るので、買いに行こうと思っていましたが、5月15日までは、店頭販売自粛でした。
今は、ちょうど新酒がそろっている時期ですが、醸造する量が多くはないので、売れた分だけ在庫がなくなっていきます。
好みの味を選ぶなら、7・8月ぐらいです。

会津には、日本酒だけでなく、おいしいワインもあります。

よかったらこちらをクリック

日本酒ランキング

福島県ランキング
プロフィール

新会津人

Author:新会津人
新会津人のブログへようこそ!

ランキング参加中
応援おねがいします
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
見た人
最新コメント
リンク
QRコード
QR